ミッション:インポッシブル【6点/10点満点中_サスペンスとしてはイマイチだが雰囲気は良い】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[1996年アメリカ]

6点/10点満点

■物凄いメンバー

『アメリカン・グラフィティ』のグロリア・カッツ&ウィラード・ハイクによるオリジナルを『ジュラシック・パーク』のデヴィッド・コープと『シンドラーのリスト』のスティーヴン・ザイリアンが推敲し、それをさらに『チャイナタウン』のロバート・タウンが手直ししたというハリウッドの叡智を結集したかのような脚本、さらにブライアン・デ・パルマを監督に引っ張ってくるという鉄壁の布陣を作り上げたあたりに、ハリウッドにおけるトム・クルーズの権力がよくわかります。

■でも、内容は中途半端

しかし出来上がった作品は、ド派手な見せ場で目を楽しませるアクション大作でもなく、優秀な脚本家によるインテリジェントなサスペンスでもなく、デ・パルマの作家性を感じさせるようなギミック溢れる作品でもなく、実に中途半端な映画という印象です。悪くはないが、それほど面白いわけでもない。やる気マンマンなのはトム・クルーズだけで、他のメンバーはプロデューサーから言われた通りに仕事をしましたという感じだったのでしょうか。ジャンルを愛する若手クリエイターに一任した「M:i-Ⅲ」がシリーズ随一の面白さだったことを考えると、その何倍も優秀な人材を配置した「1」がこの程度というのは、集められたスタッフ達のやる気や思い入れが影響しているのでしょうか。

■サスペンス映画なのにバレバレのオチ

本作の最大の問題点は、フェルプスが怪しいことが最初からバレバレなところでしょうか。デ・パルマという人は過去の作品からしてそうですが、サスペンスを撮る監督なのに犯人がバレバレで、それを隠しもしないという変わったところがあります。ストーリーよりもデ・パルマのテクニックを楽しむことが優先の自前企画ならそれでもいいのですが、「スパイ大作戦」でこれはマズイように思います。フェルプスが自分の死を偽装するところなど、笑わせているのかと思うほどチャチで困ってしまいました。もうちょっとやりようがあったでしょうに。

また、イーサンがフェルプスの裏切りに気付いたきっかけが、フェルプスが滞在していたドレイクホテルの押印のある聖書がアジトに置かれていたからという点は、地味だし非常に分かりづらい(謎の裏切り者ヨブは武器商人マックスとのやりとりを聖書の引用により暗号化していたが、ドレイクホテルのスタンプにより聖書とフェルプスが繋がったことで、「ヨブ=フェルプス」をイーサンは疑い始めたわけです。って、分かりづらいよ笑)。謎解きの核心部分なのだから、もう少し丁寧に見せるべきだったと思います。

■サプライズに繋がっていない大オチ

そして、ヨブの正体をクライマックス前に暴き、クレアはどちら側の人間なのかという点が最後の争点となるのですが、これについては観客に対して適切な問題提起ができていない上に、オチに繋がる伏線の張り方も不十分なので、実はクレアも逆賊でしたというオチが観客にとってのサプライズにはなっておらず、それどころか「どっちでもええがな」となってしまっています。また、クレアに惚れていたがためにイーサンの判断力が鈍り、イーサンは自分で考えているようでいて、実はクレアとフェルプスにうまく使われてCIA本部潜入までをやってしまったという図式も観客にうまく伝えられておらず、総じてどんでん返しが機能していません。

■それでもシリーズでは一番『スパイ大作戦』している

本作はアクション大作と化した『2』以降とはまったく毛色の違う作品であり、シリーズ中唯一、冷戦時代に製作されたスパイドラマと同一の雰囲気を作ろうという努力が見て取れました。シリーズが恐竜的進化を遂げた今、本作には古典としての風格も漂っています。

また、イーサン・ハントが超人化しておらず、フェルプスに殴られただけで失神する程度の戦力だったことが現在の目で見ると新鮮であり、もはや諜報部員というよりも特殊部隊員か何かに近い存在となっている現在よりも、こちらの方が本来あるべき姿だよなと納得できました。

よくよく考えれば見せ場もイーサンの戦力に合わせてあり、水槽を爆破しての脱出やCIA本部潜入など通常のアクション映画で見る力押しとは一味も二味も違うもので、創意工夫の跡は伺えます。また、ダニー・エルフマンによる音楽も良くて、全編に渡って落ち着いた曲調を流しながらも、必要な場面ではアガる曲調のメインテーマをジャジャーンと流すことで音楽がうまくテンポを作っています。

ミッション:インポッシブル2【4点/10点満点中_シリーズ随一の駄作】(ネタバレあり感想)
(2000年 アメリカ)金目当てのバイオテロを防ぐため、テロリストの元カノを送り込んでスパイさせるイーサン。4点/10点満点中汚い男をかっこよく描くのは天才的なジョン・ウーですが、元からきれいにまとまっている男をか...
404 NOT FOUND | 公認会計士の理屈っぽい映画レビュー
404 NOT FOUND | 公認会計士の理屈っぽい映画レビュー
404 NOT FOUND | 公認会計士の理屈っぽい映画レビュー
404 NOT FOUND | 公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

監督:ブライアン・デ・パルマ

脚本:デヴィッド・コープ、ロバート・タウン、スティーヴン・ザイリアン

製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー

製作総指揮:ポール・ヒッチコック

出演者:トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール

音楽:ダニー・エルフマン

撮影:スティーヴン・H・ブラム

編集:ポール・ハーシュ

製作会社:クルーズ/ワグナー・プロダクションズ

公開:1996年5月22日(アメリカ)、1996年7月13日(日本)

上映時間:110分

製作国:アメリカ合衆国

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
エージェント・殺し屋
スポンサーリンク
言わんドラゴをフォローする
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント