スポンサーリンク
実話もの

スノーデン_切れ味不足の社会派作品【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ・ドイツ・フランス)911テロで国家を守るという意識を高めたエドワード・スノーデンは大学を中退し軍隊に入隊したが、特殊部隊の訓練中に足を負傷した。その後はCIAの採用試験をパスしてサイバーセキュリティに関与するが、そこ...
その他コミック

聲の形_動機がいろいろと説明不足【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 日本)原作未読。Netflixで鑑賞しましたが、過去にイジメた女の子への接触を図る主人公の心理状況が不可解だったので、ドラマに入り込めませんでした。また偶然性に頼った展開も散見されて、余計な疑問で集中力が途切れる映画でした。 ...
中世・近代

カスパー・ハウザーの謎【6点/10点満点中_鋭い批評性の一方で演出はややパンチ不足】

6点/10点満点中 つい最近ブリー・ラーソン主演の『ルーム』を見たのですが、密室に監禁されて育った人間が社会に出る話という共通点から本作も併せて鑑賞しました。 ■カスパー・ハウザーとは カスパー・ハウザーとは19世紀のドイツに実在した人物で...
実録もの

ルーム(2015年)【8点/10点満点中_サスペンスに始まって一般的な子育て論に帰着する感動作】

8点/10点満点中 ■実話がモチーフ 2008年にオーストリアで発覚したフリッツル事件をモチーフにした作品なのですが、本作は監禁事件の異様さを描いたサスペンスではなく、一般的な子育て論にまでテーマを敷衍させているという点にその独自性がありま...
社会派

アイ・アム・サム【2点/10点満点中_ファンタジーに振り切れすぎたお涙頂戴映画】

2点/10点満点中 ■あまりにリアリティを欠いた話 7歳程度の知能と言いつつ子供ができる行為はしてたんかいとか、相手女性は堕胎という選択はしなかったのかとか、サムの保護者は一体どこにいるんだろうかとか、計算もまともにできないサムが時給8ドル...
人間ドラマ

葛城事件_心を逆撫でする最凶のホームドラマ【9点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年日本)評判に違わぬヤバイ映画でした。池田小事件や秋葉原通り魔事件などの凶悪犯達を育てた家庭とは一体どんな状態にあったのかという点を深く深く煮詰めた作品なのですが、常人では考えられないほどの凶行に及んだ人間の源流を辿っていくと、誰...
得体の知れない脅威

トランス・ワールド_緻密なSFと社会的なテーマの両立【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2011年アメリカ)森の小屋に、面識のない3名の若者が別々に辿り着く。小屋に来る直前の所在地はそれぞれバラバラであり、今居るこの小屋が一体どの場所にあるのかが分からない。森を脱出しようと歩いても、また小屋へと戻ってきてしまう。ここは一体ど...
その他コミック

ヒストリー・オブ・バイオレンス【7点/10点満点中_暴力のカタルシスを否定したアクション映画】

7点/10点満点中 ■クローネンバーグなのに面白い 劇場公開時には「クローネンバーグの映画なのに面白い!」と話題になった作品でしたが、確かにシンプルなあらすじで理解が容易である上に、アクション映画らしいカタルシスもあって、とても面白い作品に...
その他コミック

ミュータント・タートルズ(2014)【5点/10点満点中_後半の見せ場のみ必見】

5点/10点満点中 ■あえてやってるのは分かるんだけど… マイケル・ベイが『トランスフォーマー』の成功方程式を当てはめて作った作品なので低偏差値なのは事前にわかっていましたが、それでも我慢ならんほど愚かな話でした。 ティーンエイジャーという...
サイコパス

ゲット・アウト【5点/10点満点中_12年前のコケ映画をパクったオスカー受賞作】

5点/10点満点中 ■黒人が抱く居心地悪さの疑似体験 本作ではっきりと黒人を差別した白人って、鹿をはねた際に運転手でもない主人公に身分証提示を求めてきた警官だけで、他の白人には本心がよく分からないという気持ち悪さが常に付きまとっています。恋...
社会派

帰ってきたヒトラー【2点/10点満点中_作り手達がリスク回避した駄作】

2点/10点満点中 世界的に評価の高い本作をかなりネチネチと批判するので、この映画を好きな方は、私のレビューを読まれない方が良いかもしれません。 ■複雑なメタ設定 ①ヒトラーが2012年にタイムスリップしてくるというフィクション ②ヒトラー...
テクノロジー

ブレードランナー_映像美のみで突き抜けた映画【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1982年 アメリカ)21世紀初頭、遺伝子工学の発展によりレプリカントと呼ばれる人造人間が開発され、過酷な労働を担っていた。しかし、人間と同等の知性と感情を持つレプリカントには逃亡を図る者もおり、その追跡のためにブレードランナーと呼ばれる...
テクノロジー

ブレードランナー2049_前作のドラマを否定した続編【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ)時間をかけて練り上げられた作品なので細部の矛盾はない一方で、大意の部分が前作とまるで整合しておらず、木を見て森を見ないような姿勢で作られた続編だと感じました。 ©Sony Pictures あらすじ 2049年、ネク...
中世・近代

バリー・リンドン_キューブリック作品中最高の面白さと映像美【8点/10点満点中】

(1975年 イギリス)18世紀半ば。農家の生まれのバリー・リンドンは従姉のノラに恋をし、恋敵であるジョン・クイン中尉との決闘を行う。バリーは決闘に勝利したが、警察からの追及から逃れるために村を離れることを余儀なくされた。餞別として母から渡...
古代

スパルタカス_ドラマも見せ場も面白みに欠ける【2点/10点満点中】

(1960年 アメリカ)共和制ローマ時代。トラキア人のスパルタカスは警備兵とのトラブルが原因でリビアの鉱山で磔にされていたが、その姿が剣闘士養成所を経営するバタイアタスの目に留まり、剣闘士としての訓練を受けることになる。才覚を発揮し始めるス...
得体の知れない脅威

アナイアレイション -全滅領域- 実は不倫映画でもある【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 アメリカ)元軍人で現在は大学で生物学を教えるレナの元に、軍の極秘任務に参加したまま1年間行方不明だった夫ケインが突然戻ってくる。しかしケインの記憶は曖昧であり、すぐに容態を崩して軍の研究施設に収容される。その施設ではケインも参...
スプラッタ

トマホーク ガンマンvs食人族_怖い!グロい!凄い!【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2015年 アメリカ) 冗談としか思えない邦題とは唄腹に、豪華キャストによるウエスタンと度肝を抜くグロ描写の折衷に成功した見ごたえある悪趣味映画でした。 あらすじ 1890年代の西部の街ブライトホープで馬番の男が殺され、女医のサマンサが連...
得体の知れない脅威

ペインレス【4点/10点満点中_ホラーとしては成功しているがドラマの畳み方が雑】

4点/10点満点中 ■観客の神経を逆撫でする描写の数々 冒頭、自分の腕に火を点けて遊んでいる少女。ちょっとの悪ふざけかなと思っていたらそこそこの時間に渡って火が点きっぱなしで、少女が呑気な顔をすればするほど、「早く消さないと腕が使い物になら...
得体の知れない脅威

シャイニング(1997年)_ダラダラと長いだけ【2点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1997年 アメリカ)売れない小説家のジャック・トランスは、高額な報酬と静かな執筆環境を得られる真冬のホテルの管理人職を引き受け、家族と共に冬をそのホテルで過ごすことになった。そこは「出る」と評判のホテルだった。 ©Warner Bros...
得体の知れない脅威

シャイニング(1980年)_原作改変の詰めの甘さが惜しい【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1980年 アメリカ)売れない小説家のジャック・トランスは、高額な報酬と静かな執筆環境を得られる真冬のホテルの管理人職を引き受け、家族と共に冬をそのホテルで過ごすことになった。そこは「出る」と評判のホテルだった。 ©Warner Bros...
スポンサーリンク