聲の形【5/10点満点中_小学生パートは秀逸であるものの高校生パートは説明不足が目立つ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[2016年日本]

5点/10点満点中

原作未読。Netflixで鑑賞しました。

■真に迫ったいじめ描写

序盤のいじめの描写は見ているのが辛くなるほど真に迫った内容でした。最初は転校生を歓迎するムードがあったが、慣れてくるとコミュニケーションを取りづらいことのめんどくささの方が勝るようになり、陰口や嫌がらせが常態化するようになる。いじめの先導者がいて、先頭には立たないがその脇で加担する者がいて、冷静に状況を眺める能力はあってアリバイ作り的に一応注意はするが、真剣には止めに入らない者がいる。このいじめの構図が何ともリアルであり、誰もが心当たりのある描写を突き付けてくるのです。

■いじめに関わっているのは子供だけではない

そして、子供の世界にフォーカスしているようでいて、その背景として大人の世界もきちんと描いているという視野の広さも素晴らしいと感じました。本読みの発音をクラス全体が笑いものにした時に、担任は確かに教室内の空気の異変を察知したが、特に注意したりもせずにやり過ごした。そして、それまでは奥ゆかしくやってきた子供たちは、これをゴーサインと読んでいじめを本格化させた。いじめにおいて大きな分岐点になったこの一瞬の空気感を見事に切り取っているのです。この演出の凄さには恐れ入りました。

■高校生パートは疑問符の連続

ただし、本作における本筋ともいえる高校生パートに入るとリアリティは一気に減退します。いじめをしたガキ大将が落ちぶれたままスクールカーストの最下位にいたり、かつていじめた相手に会いに行こうとしたりと、ちょっと考えづらいことが多く起こってしまうのです。いじめの記憶なんて誰にとっても不快なものなのに、なぜ彼らはかつていじめた子の周りに集まろうとするのか。その動機をまったく描けていないのです。唯一リアリティを感じたのは、小学生時代には毎日行動を共にするほどの仲だったが、いじめの記憶がしこりとなって主人公とは二度と交わらなくなった親友2人のみでした。もし私が彼らの立場だったら、きっとそうすると思います。

また、死を考えるほど悩んでいるという前振りもなしに硝子が突然自殺を図った展開の突飛さや、彼女が飛び降りようとした現場に偶然将也が居合わせたというご都合主義など、話を前に進めたいが余り、なぜその人物はその行動をとったのか、なぜそこに居たのかというドラマの詰めが甘くなっている点も気になりました。原作ではそのあたりはきちんと説明されているようなのですが、映画版では完全に不明な部分が出来てしまっており、これは映画化にあたっての大きな手落ちだったと言えます。

the shape of voice
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
原作:大今良時
出演者:入野自由,早見沙織,悠木碧,小野賢章,金子有希,石川由依,潘めぐみ,豊永利行,松岡茉優
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
撮影:髙尾一也
制作会社:京都アニメーション
製作会社:映画聲の形製作委員会
配給:松竹
公開:2016年9月17日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
その他コミック
スポンサーリンク
言わんドラゴをフォローする
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント