2000年代

スポンサーリンク
実話もの

ミュンヘン_ミイラ取りがミイラになる【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2005年 アメリカ)国際的な報復合戦というテーマの捉え方、意外性に溢れた物語の展開のさせ方、感情移入可能なキャラクター描写、激しい暴力描写と、すべてにおいてよく出来た作品であり、スピルバーグの社会派作品群の中では、今のところ最高峰の作...
中世・近代

パトリオット_敵味方ともに汚い戦法をとる【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2000年 アメリカ)大規模な戦闘場面が迫力の時代劇であり、スペクタクルの巨人ローランド・エメリッヒの手腕がいかんなく発揮されています。見て損はありません。ただし主人公の戦い方があまりにダーティなので英雄譚としてはスッキリしないものがあ...
宇宙

機動戦士ガンダムSEED DESTINYの何が悪かったのかを考える

(2004年 日本)種死という俗称の定着からも分かる通り、概ね失敗作と認識されている『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ですが、宇宙世紀以外で続編が製作されるという破格の好待遇を受けた本作が、放送終了後15年以上も一貫して叩かれ続...
2021.06.30
人間ドラマ

チョコレート(2001年)_寂しさゆえに芽生えた愛【7点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2001年 アメリカ)ドラマツルギーというものを完全に捨てた先に極限のリアリティを見せる映画で、王道をことごとく外してきているのでかなりクセの強い作風ではあるのですが、それでもかなり見応えがありました。主演二人の演技も素晴らしく、見るべ...
終末

ドーン・オブ・ザ・デッド_年寄りにチェーンソーは危険【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2004年 アメリカ)ザック・スナイダーのビジュアル意匠が炸裂した見せ場は素晴らしく、アクション映画として破格の完成度を誇っています。しかしロメロゾンビにあった緩急のバランスは失われたし、人間側の阿呆な行動も目立つため、完璧な出来でもあ...
2021.06.23
サイコパス

BUG/バグ_異常者しか登場しない異常作【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2006年 アメリカ)ヤク中の男が体内を虫が這い回っているという幻覚を見て、恋人がそれに同調するものだから妄想に歯止めが利かなくなっていくという超絶鬱映画。ウィリアム・フリードキンの悪辣な演出、マイケル・シャノンの振り切れた演技、アシュ...
実話もの

ALI アリ_感情移入が難しい伝記もの【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2001年 アメリカ)マイケル・マン監督×ウィル・スミスの伝記もの。実際の試合を完全再現したファイト場面の迫力、ウィル・スミスやジョン・ヴォイトのなりきりぶりは素晴らしいものの、アリの心情に迫っているようで迫っていないドラマには訴求力が...
DCコミック

ウォッチメン(2009年)_ビジュアル完璧だがテーマが古臭い【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2009年 アメリカ)珍しく原作を読んだことのあるアメコミ映画で、完璧なまでのビジュアルの再現度には驚きました。ただし連続活劇らしいテンポはないので面白くはないし、東西冷戦下だったからこそ成立したテーマも今となっては色褪せており、観客に...
2021.04.12
サイコパス

ストーカー(2002年)_良い話だが後半失速する【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2002年 アメリカ)サスペンスとしてはパンチが足らない作品なのですが、孤独な中年男が詰んでいくドラマとしてはなかなか見ごたえがあり、主演のロビン・ウィリアムズの演技にも説得力があって、決してダメな映画ではありません。 あ...
実録もの

ゾディアック_怖くて不思議で面白い【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2007年 アメリカ)実際の連続殺人事件を映画化した作品。未解決事件だけあって結論のない膨大な資料の山がそこにあったのですが、見事な脚色でこれをエンターテイメントに昇華できており、完全再現された犯行場面の生々しさも不謹慎ながら見所となっ...
2020.12.08
終末

アイ・アム・レジェンド_まさかのオメガマンのリメイク【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2007年 アメリカ)無人化したNYの描写は圧巻だったし、この世界にたった一人生き残った男はどんなメンタルになっているのかという掘り下げもなされており、少なくとも前半はよく作り込まれていたのですが、後半にかけてどんどん期待から外れていき...
2020.11.05
クライムサスペンス

インソムニア(2002年)_倦怠感・疲労感の描写が凄い【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2002年 アメリカ)クリストファー・ノーランの初メジャー作品は無難な仕上がりでした。当時パッと出のインディーズ監督だったノーランが大きな予算とビッグネームのスターに対処する能力を示し、映画として綺麗にまとめていることは評価できるのです...
2020.10.08
その他コミック

ヘルボーイ(2004年)_キャラ造形で力尽きた【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2004年 アメリカ)ギレルモ・デル・トロらしいキャラクター愛に溢れた作品で好感は持てるのですが、アクション映画としての大きな流れを作れておらず、劇中で起こっていることの深刻性にも関わらず観客が手に汗握らないという状況が発生しています。...
実話もの

突入せよ! あさま山荘事件_働くおじさん映画【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2002年 日本)驚くほど思想色の抜けた実話ものであり、働くおじさん達の映画になっていました。警視庁と県警の縄張り争い、会議室と現場との連携の悪さなど、当時現場で起こっていたことを赤裸々に描いた内容となっており、冷静に考えて鎮圧には失敗...
クライムサスペンス

ドメスティック・フィアー_オオカミ少年の苦悩【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2001年 アメリカ)穴だらけのサスペンスで大して面白くはないのですが、タイトな上映時間と淀みのない語り口で、サラっと見ることのできるお手軽さと見やすさは評価できます。私は午後のロードショーで鑑賞しましたが、地上波の洋画劇場で見るには実...
得体の知れない脅威

ミスト_完全無欠の密室劇【10点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2007年 アメリカ)私のオールタイムベスト作品です。極限状態での人間ドラマ、緊張感のある密室劇、そこから垣間見える普遍的な人生の命題と、実に多様なメッセージを受け取れる作品であり、かつフランク・ダラボンによる完璧な構成も決まっており、...
2020.04.14
クライムサスペンス

プレッジ_努力と成功は別という悲しい寓話【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2001年 アメリカ)正しい目的のために努力をしても必ずしも報われるものではない、むしろ重大な失敗に繋がることもあるという、人の世の重い真理を突き付けられた良作でした。演技的にはジャック・ニコルソンの独壇場で、正気と狂気が入り混じった様...
2020.02.03
クライムアクション

ダーク・スティール_L.A.コンフィデンシャルの二番煎じ【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2002年 アメリカ)1992年のLA。ベテラン刑事のエルドンと新人刑事のボビーは雑貨店の強盗殺人事件を捜査するが、突き止めた犯人は二人の上司であるジャックが使っていた情報屋だった。ジャックから真犯人を見逃すよう指示されたエルドンとボビ...
2019.10.01
戦争

K-19_面白いけど史実を脚色しすぎ【6点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2002年 アメリカ)男前な女性監督キャスリーン・ビグローの手腕もあって目を見張る描写がある一方で、ダメな部分も目に付くので良作の部類には入りません。 また、史実からの改変があまりに多いという点も気になりました。実際には英雄として迎えら...
2020.02.11
マーベルコミック

ハルク(2003年)_ 面白くはないがダメ映画でもない【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2003年 アメリカ)12年間も検討され続け、9名もの脚本家が関わった企画なので、作り手の思いが肥大化してしまった作品であるとの印象を持ちました。様々なアイデアが浮かび、いろいろやりたかったんだということは理解できるのですが、果たしてそ...
2020.10.27
スポンサーリンク