実話もの

スポンサーリンク
実話もの

アフターマス_シュワの演技力不足が史実を軽くしている【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ)建築士のローマンは、近く孫を出産予定の娘と妻を迎えに空港へと向かうが、二人が乗った飛行機は上空で衝突事故を起こし、生存者はいなかった。この事故は、管制官のジェイクが飛行機の接近を見落としたために起こったものだった。...
実話もの

フォードvsフェラーリ_ドラマも見せ場も素晴らしすぎる【9点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2019年 アメリカ)1963年、販売不振にあったフォードは若者受けするためにはスポーツカーが必要であると考え、経営難にあったフェラーリを買収しようとするが土壇場で破断した。これに激怒した社長のヘンリー・フォード2世は欧州勢に押されっぱ...
実話もの

7月4日に生まれて_思想色が強すぎて引く【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1989年 アメリカ)信仰心と愛国心に溢れる家庭に育ったロン(ロニー)・コーヴィックは、高校卒業と共に海兵隊に入隊し、ベトナム戦争に従軍する。戦闘中に受けた銃弾で脊髄を損傷したロニーは下半身不随となって帰国するが、帰国したアメリカでは主...
実話もの

全裸監督_面白すぎる!【8点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2019年 日本)村西とおるは英語教材のトップセールスマンだったが、会社の倒産と妻の浮気による離婚を機に、当時流行していたビニ本業界へと進出した。ビニ本から裏本、裏本からアダルトビデオへと事業を進展させていったが、純粋にエロを追及する村...
2019.10.01
実話もの

チャーリング・クロス街84番地【2点/10点満点_文学好き以外にはしんどい内容】(ネタバレなし感想)

(1987年 アメリカ)1949年の秋、ニューヨークのライターで古書の収集家でもあるヘレーヌはロンドンの古書店に手紙で注文を出した。そこから、ヘレーヌと古書店店主の往復書簡は20年に渡って続くこととなる。 2点/10点満点中 深刻な...
2019.05.08
実話もの

デッドマン・ウォーキング_考察は良いのに結論が悪い【5点/10点満点中】(ネタバレあり感想)

(1995年 アメリカ)マシュー・ポンスレットは10代のカップルへの殺人及び強姦の罪で死刑判決を受け、現在は刑務所で執行の時を待っている。彼は一貫して無罪を主張しているが受け入れられていない。慈善活動を行う尼僧のヘレンは彼のスピリチュアル...
2020.01.20
実話もの

ファースト・マン【6点/10点満点_面白くないことが難点】(ネタバレあり感想)

初めて月に行った男・ニール・アームストロングの知られざる物語。 昨年末より映画館ではロクな新作が公開されておらず、近所のシネコンでは数か月に渡って『ボヘミアン・ラプソディ』がIMAXスクリーンを占拠し続けるという異常事態が発...
2019.04.12
実話もの

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル【8点/10点満点中_きっとトーニャを好きになる】(ネタバレあり・感想)

(2017年 アメリカ)トーニャ・ハーディングは全米選手権1位を獲得したこともあるフィギュアスケート選手。オリンピック出場権を巡って争っていたライバルのナンシー・ケリガン選手の傷害事件が発生し、世界から関与を疑われる。 8点...
2019.04.18
実話もの

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書【7点/10点満点中_バランス感覚に優れた社会派作品】(ネタバレあり感想)

(2017年 アメリカ)1971年。ワシントン・ポスト紙はベトナム戦争を分析した国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手するが、これを記事にすることには法律違反になるというリスクがあった。国民の知る権利のためにどれだけのリス...
2019.04.18
実話もの

オンリー・ザ・ブレイブ_実話ものの弱点がドバっと出ている【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ)ヤク中のブレンダンは恋人の妊娠を機に一念発起し、かつてドロップアウトした消防士の採用に応募する。エリック隊長はブレンダンの姿にかつての自分の姿を重ね、採用を決意する。当初周囲からの厳しい反応もあったブレンダンだが、...
2020.01.17
スポンサーリンク