終末

スポンサーリンク
終末

日本沈没2020_かなり酷い出来【2点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2020年 日本)1973年版をさほど評価していない私は旧作と比べてどうこう言うつもりはないのですが、それにしても面白くないアニメ版で見ていて疲れました。非現実的すぎるドラマの流れ、中盤の宗教施設の無意味さ、目的を見失った終盤など作品と...
終末

日本沈没(1973年)_暑苦しい演技とおかしなドラマ【4点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(1973年 日本)2020年7月8日より配信開始のNetflixのアニメ版の予習として鑑賞したのですが、時代を感じさせる出来で、現在の目で鑑賞するとなかなか厳しい仕上がりだと感じました。日本映画特有のもっさりとした人間ドラマ、多くの登場...
2020.07.10
終末

死の谷間_男2美女1の集団がうまく回るはずがない【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2015年 アメリカ)たった3人しか出演者のいないミニマムな文明崩壊ものであり、主演3人(マーゴット・ロビー、キウェルテ・イジョフォー、クリス・パイン)のおかげで何とか見られる状態にはなっているものの、全体としてはつまらない映画でした。...
終末

ディストピア パンドラの少女_ゾンビの進化論が興味深い【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 イギリス)一応はゾンビ映画なのですが、ゾンビの設定が論理的に突き詰められていて、最終的には人類とゾンビの種族の存亡をかけた争いになっていくという尋常ではない風呂敷の広げ方をする物凄い映画でした。これは必見。 © 20...
終末

移動都市/モータル・エンジン_失敗作だが見所満載【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2019年 ニュージーランド・アメリカ)脚色段階での情報整理がうまくいっておらず、映画としては失敗していると言えます。しかし作り込みの甘い作品ではないので見る価値は十分にあるし、愛せる要素も多くあります。舌っ足らずな部分にしても、行間を...
2020.02.03
終末

ユピテルとイオ【5点/10点満点中_興味深いが面白くない】(ネタバレあり感想と解説)

5点/10点満点中 ■Netflixの大好物・アポカリプトSF 『すべての終わり』『エクスティンクション 地球奪還』等、NetflixはアポカリプトSFが大好物。世界的に鑑賞されやすい題材なんでしょうか。 本作は2016...
2019.05.09
終末

ジオストーム【2点/10点満点中_バカ映画の割に分かりづらい】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年アメリカ)2019年に発生した大規模自然災害により滅亡の危機に瀕した人類は、気象コントロール衛星「ダッチボーイ」を建造した。2022年、ダッチボーイの不具合が原因と思われる異常な事件が世界中で頻発したことから、開発者のジェイク...
2019.09.05
終末

すべての終わり【4点/10点満点中_序盤の引きこそ良いものの手数の少なさが問題】

©Netflix 4点/10点満点中 前半部分の緊張感は良い 大規模災害なのか他国からの攻撃なのかが分からないが、どうやら西海岸が壊滅的な被害を受けたらしいという前半部分の細かい描写の積み重ねはよく出来ていたと思...
2019.04.11
終末

エクスティンクション 地球奪還【5点/10点満点中_良い出来ではないが意外性で90分もっている】

5点/10点満点中 ■ブラックリスト入りした脚本の映画化 本作の脚本は2013年のブラックリスト(映画化されていない優秀な脚本リスト)で8位にランキングした後、2014年1月にジョー・ジョンストンが監督に起用され、20...
2019.03.04
終末

ファイナル・アワーズ【8点/10点満点中_泣かせのツボを心得たアポカリプトSF】

8点/10点満点 ■オーストラリア産アポカリプト映画の秀作 他国と地続きではないオーストラリアには終局が遅れてやって来るという『渚にて』に通じるSFドラマ。 「大西洋に落ちた巨大隕石の衝撃波は12時間後にオースト...
2019.04.18
スポンサーリンク