6点

スポンサーリンク
実話もの

Mank/マンク_しくじり脚本家の物語【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2020年 アメリカ)歴史的傑作『市民ケーン』(1941年)の脚本家にスポットを当てたバックステージものなのですが、市民ケーンに係る有名な逸話はことごとく落とされていることから、事前の想像とはかなり違った作品で戸惑いました。フィンチャー...
2020.12.13
陰謀

ドラゴン・タトゥーの女_キャラは良いがミステリーが面白くない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2011年 アメリカ・スウェーデン)フィンチャーによるキメキメなイントロのカッコよさと、リスベットの男前ぶりが最高な作品だったのですが、肝心のミステリーに面白みがなかったために、キャラクター劇の域を脱していないことが残念でした。 ...
2020.12.08
人間ドラマ

ニル・バイ・マウス_不幸と貧困の再生産【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1997年 イギリス)貧困層の実態が描かれる陰鬱なドラマであり、世代を超えて受け継がれていく不幸と貧困の連鎖が嫌というほど伝わってきます。全員が被害者なんだけど加害者でもあるというその構図に戦慄を覚えました。 あらすじ ...
終末

アイ・アム・レジェンド_まさかのオメガマンのリメイク【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2007年 アメリカ)無人化したNYの描写は圧巻だったし、この世界にたった一人生き残った男はどんなメンタルになっているのかという掘り下げもなされており、少なくとも前半はよく作り込まれていたのですが、後半にかけてどんどん期待から外れていき...
2020.11.05
クライムサスペンス

インソムニア(2002年)_倦怠感・疲労感の描写が凄い【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2002年 アメリカ)クリストファー・ノーランの初メジャー作品は無難な仕上がりでした。当時パッと出のインディーズ監督だったノーランが大きな予算とビッグネームのスターに対処する能力を示し、映画として綺麗にまとめていることは評価できるのです...
2020.10.08
スプラッタ

サスペリアPART2_人形怖すぎ!【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1975年 イタリア)ショックシーンは現在の目で見ても驚異的なほど怖く、かつ一定の美学もあって、アルジェント監督のビジュアリストぶりを堪能できるのですが、話がつまらなかったり、筋が通らなかったりといったアルジェントの悪いところも出ており...
実録もの

コード211_ドラマは支離滅裂だがアクションはイケる【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 アメリカ)ニコラス・ケイジ主演のVシネですが、銃撃戦にはなかなか気合が入っていて見応えがあります。群像劇を志向しつつも完全に失敗したドラマの出来がかなり足を引っ張っているのですが、90分未満の映画なので見せ場の迫力だけで何と...
クライムアクション

ソナチネ_強運がもたらす絶望【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1993年 日本)北野武監督の初期代表作で、海外での人気も高い作品なのですが、北野武の独特な死生観が反映された映画であり、娯楽からはかなりかけ離れた作品なので、バイオレンス映画好きは意外と受け付けない内容じゃないかと思っています。かく言...
クライムサスペンス

トカレフ(2014年)_地元の名士が殺人マシーンだった【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

本編に仕込まれたある細工が魅力的で決して嫌いではないのですが、論理的な詰めが甘いので全面的な支持もできない微妙な映画。製作、監督、脚本のいずれかに優秀な人物が関与していれば引き締まった可能性もあったのに、いつものVシネクォリティで作られて...
2020.07.25
クライムサスペンス

ヴェンジェンス【6点/10点満点中】面白くはないが心には残るビジランテもの(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ)まず断っておきますが、↓のジャケットのような、炎を背後にニコラス・ケイジが銃を構えるような景気の良い見せ場はありません。本作はビジランテものの中でも恐ろしく地味な部類に入ります。ディテールも甘く、決して良い出来の映...
2020.07.25
スポンサーリンク