麻薬戦争

スポンサーリンク
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン3)_シリーズで一番つまらない【5点/10点満点中】

(2021年 アメリカ)大好きなシリーズなのですが、本シーズンではサブプロットを増やしすぎで勢いが生まれていないし、見どころであるナルコ(密売人)達の成り上がり物語にも魅力がなくなっており、シリーズで最低の出来だったと言えます。このままジ...
2021.11.25
クライムサスペンス

トラフィック_社会人として最悪な態度とは【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2000年 アメリカ)メキシコ麻薬戦争を描いた傑作として認識されている作品ですが、私は中途半端な温度感の作品だと感じました。麻薬カルテルとの直接的な戦いが描かれるメキシコパートは他の犯罪映画と比較するとパンチ不足だし、娘がヤク中になった...
エージェント・殺し屋

ボーダーライン_一流メンバーが作った『デルタフォース2』【8点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2015年 アメリカ)本作を見終わって感じたのは、高級フレンチのシェフが作ったハンバーガー、料亭の板前が作ったカツ丼みたいだということです。B級グルメでも一流の手を介することで、ここまで味わい深くなるものかという感動がありました。基本的...
2021.10.25
エージェント・殺し屋

ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ_後半失速する【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ) 前半は社会派アクションとしてよく考えられていたし、見せ場の出来も良かったのですが、後半のトーンダウンがいただけませんでした。本作には更なる続編の構想があるらしく、そのために後半でネタが温存されたのかななんて気もし...
2021.10.25
実録もの

オーバードライヴ(2013年)_無茶する親父のデカすぎる背中【8点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2013年 アメリカ)ロック様が街のダニ掃除を買って出るような痛快アクションではなく、ヒリヒリとした潜入の緊張感が前面に出ており、また親子の情愛に感動させられるような情感のたっぷりのクライム・サスペンスでした。加えてアメリカの司法制度の...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第10話_メキシコの『ゴッドファーザーPARTⅡ』【9点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

いや~、面白かった。 派手な見せ場は前話で終わって、今回は天下を獲ったフェリクスの凋落が描かれるのですが、人を見ることができなかった点が最後までフェリクスのアキレス腱でした。この辺りは『ゴッドファーザーPARTⅡ』(1974年)によ...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第9話_フェリクスの成長【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

前話に続きド派手な見せ場のあるエピソードであり、娯楽作としての高い満足感を得られました。この戦いの末、ウォルトとフェリクスは対照的な立場に置かれるのですが、そのどちらのドラマにも見応えがあり、捜査官と麻薬組織の両方を描くこのシリーズらしい...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第8話_大統領選はスリル満点【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

シーズンも佳境に入り、情勢は大きく動き、派手な見せ場もある満足度の高いエピソードとなっています。フェリクスは相変わらず土俵際で踏ん張っている状態なのですが、今回も倒れそうで倒れない彼の生命力の強さが描かれます。 他方、前話にて死亡フ...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第7話_パブロ・アコスタがシブすぎる【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

物凄いテンションだった第5話、6話と比較するとやや低調な回なのですが、滅びの道を受け入れている男パブロ・アコスタのカッコ良さにはやられましたね。 ヤクザ者の生き方に疲れていたり、恋人が妊娠していたりと、アコスタには死亡フラグぶっ刺さ...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第6話_テーマは組織マネジメント【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

フェリクスの苦悩は続くのですが、今回は主に組織マネジメントの問題が描かれます。経営者が弱っていることに気付いた一部の部下が増長し始め、それをたしなめる力を見せないことで他の部下達もザワ付き始めるという負の連鎖。 「こういう構図わかる...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第5話_熱すぎる主導権争い!これぞナルコス!【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

低調だった第4話が嘘のように、本作は激熱の展開を迎えます。第2話から第4話にかけての地道な交渉の末にアメリカへの密輸ルートをすべて押さえたフェリクスは、ついに部下のアマドに計画の全貌を説明し、ドラッグビジネス全体を手中に収めようとするフェ...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第4話_大逆転の連続なのに面白くない【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

組織内外での影響力を失いつつあったフェリクスが大逆転を果たし、スノを拘束してフェリクス逮捕に王手をかけていたウォルトが捜査打ち切り寸前にまで追い込まれるという、本シーズンでもっとも大きな動きのあるエピソードなのですが、演出のまずさからかド...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第3話_見ごたえある単発エピソード回【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

第3話ではメインストーリーはほとんど動かず、2本の単発エピソードが描かれます。そのうち一本は異例なほど軽く、一本はヤクザ者の業の深さを描く重量級のエピソードであり、それぞれに見応えがありました。 ©Netflix 登場人物・あ...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第2話_見せ場はフェリクスの交渉術【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

内部分裂寸前の部下達の様子と、新たな販路拡大に動くフェリクスの様子が映し出される第2話ですが、かつて群雄割拠状態だったプラサを統合したフェリクスの交渉術が久々に炸裂します。やはり彼は暴力の人ではなく交渉の人だった。そんなことを再認識させら...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第1話_リーダーは大変だ【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

楽しみだったナルコス:メキシコ編のシーズン2が始まりました。第1話では、フェリクスの帝国は崩壊こそ免れたもののDEAとの戦争で疲弊してきているということが描かれ、ここからどう盛り返すのかという第2話以降への期待をつなぐエピソードとなってい...
2021.10.13
その他アクション

トリプル・フロンティア_アクションもドラマも失敗している【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2019年 アメリカ)米軍を退役したポープは南米の警察で軍事顧問をしており、隠れ家に大金を隠し持つ麻薬王の所在地情報を掴んだ。彼はかつての軍隊仲間に襲撃計画を提案する。 5点/10点満点中_定石を外しまくって失速した映画 ©...
2021.10.13
人間ドラマ

運び屋【7点/10点満点中_家庭も金もどっちも大事】(ネタバレあり感想)

(2018年 アメリカ)金銭的に行き詰まり麻薬カルテルの運び屋となった90歳の老人が、稼いだ金で家族との関係を修復しようとするドラマ。 試写会で見て参りました。イーストウッドの前作『15時17分、パリ行き』が全然面白くなかったので本...
2021.10.13
実録もの

ナルコス:メキシコ編(シーズン1)_熱量が足らない【6点/10点満点中】(ネタバレあり感想)

(2018年 アメリカ) 麻薬業者フェリクスが地方組織の一介の構成員から国のドラッグビジネスのトップにまで登り詰めるのですが、彼はヤクザというよりもビジネスマンタイプなので暴力は控えめ。対するDEAのカマレナ捜査官も単純な正義の人で、怒り...
2021.10.13
実録もの

ナルコス(シーズン3)_エスコバルなしでも面白い!【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

エスコバルなしでも面白い パブロ・エスコバルの魅力こそがの見所だったのですが、そのエスコバルがシーズン2のラストで死亡し、さらにはナレーターとして視聴者の視点の立場にいたマーフィー捜査官も去り、事前には面白くなる要素がまるで見当たら...
2021.10.13
実録もの

ナルコス(シーズン2)_手負いの獣が暴れる恐怖【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

[2016年Netflixオリジナル作品] 8点/10点満点中 ■正常な判断力を失ったエスコバル 前シーズンでは異常に冴えた洞察力と判断力で巨大帝国を築き上げたエスコバルの姿が描かれましたが、一転して本シーズンでは彼の転落が描かれます。そこには手負いの獣の恐ろしさがあって、身を守るために何をしてくるか分からないことが作品全体の緊張感を高めています。
2021.10.13
スポンサーリンク