アカデミー賞

スポンサーリンク
人間ドラマ

キャスト・アウェイ_箱の中身は衛星電話!?【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2000年 アメリカ)淡々と無人島生活が描かれる前半と、過ぎ去った時間は取り戻せないという人生観が詰め込まれた後半とに分かれた構成となっているのですが、それぞれに味があって実によく出来たドラマ作品でした。こういうのを「良作」というのでし...
テクノロジー

プレステージ_異常者二人の化かし合い【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2006年 アメリカ)主人公2人がどちらも異常者という変わり種のミステリーで、双方が語り手にしてミステリーの主という特殊な構造を持っているのだが、ノーラン作品にありがちなストーリーテリングの技術が立ちすぎて、中身のドラマはイマイチ。また...
実話もの

ボウリング・フォー・コロンバイン_偏見だらけのドキュメンタリー【3点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2002年 アメリカ)評価の高いドキュメンタリー作品だが、私には一方的な解釈を押し付ける独善的な内容に感じられた。興味深い分析もなければ具体的な代替案の提示もなく、行動力だけはある自称ジャーナリストの自己満足的な活動を見せられた気になっ...
クライムサスペンス

メメント_人は都合よく記憶する【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2000年 アメリカ)クリストファー・ノーラン監督の出世作で、奇抜な着想と緻密な構成はこの時点から完成されている。ミステリー映画として一級であるだけではなく、オチにはドラマ性もあって、よくここまで作りこんだものだと感心させられる。間違い...
戦争

シン・レッド・ライン_睡眠導入映画【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1998年 アメリカ)興味深い人間ドラマ、壮絶な戦闘、意義深いメッセージと、名作らしい要素は揃っているのですが、面白さを意図的に排除したポエムの連続なので、まったくもって面白いとは感じませんでした。もっと観客の生理に配慮した作風にすれば...
実話もの

バイス_イラク戦争の真相が駆け足気味で残念【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 アメリカ)ディック・チェイニーの伝記ドラマ。ディックがのし上がっていく前半部分は面白いし、彼の家庭人としての一面も分かって好感を抱けました。しかし後半でイラク戦争の真実に触れ始めると、途端に語り口が雑で事実のぶつ切り状態にな...
実話もの

ラリー・フリント_エロ本で表現の自由を語る【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1996年 アメリカ)表現の自由を巡る論争を、硬軟織り交ぜた多彩な演出で見せた社会派作品であり、巨匠ミロス・フォアマンの手腕が光っています。また、下半身不随で「無敵の人」になったつもりのラリーが、それでもなお大事なものが残されていること...
人間ドラマ

ロスト・ドーター_母の罪をスローに描く【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 米、英、以、希)含蓄に富んだ、いかにも評価されそうなタイプの映画ではあるのですが、娯楽性はほぼ切り捨てられているので面白くはありません。2時間は寝落ちしない程度のコンディションの日に見るべき映画。最後まで見れば、良い教訓を得...
DCコミック

ダークナイト_正義で悪は根絶できない【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2008年 アメリカ)前作『ビギンズ』で為した正義の帰結が描かれる続編であり、正義が生み出すのは平和ではなく、より厄介な悪であるという徒労感全開の作品となっています。二転三転どころではない展開、哲学的な問いかけ、絶望的なラストと、すべて...
DCコミック

バットマン_狂人がヒーロー【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1989年 アメリカ)圧巻のゴッサムシティのセットや、バットマンの設定など、実に丁寧に作られたヒーローもの第1話。ヴィランも魅力的で見どころは多いのですが、娯楽映画としての盛り上がりに欠ける点が難点でした。第1話というのは往々にしてこう...
マーベルコミック

スパイダーマン2_良質な青春ドラマ【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2004年 アメリカ)予算もVFXもパワーアップした続編ですが、優れたストーリーとキャラクターの大切さも忘れておらず、非常に丁寧に作られた青春ドラマとなっています。サム・ライミの3部作で最高の出来ではないでしょうか。 ...
中世・近代

パワー・オブ・ザ・ドッグ_良い映画だが面白くはない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 英・豪・米・加・新)西部劇でありながらも現代にも繋がる問題提起や、猛烈な伏線回収が始まる終盤など、テーマ設定も構成も優れた作品でした。ただし面白さは相当犠牲にされているので、直感的に「好き!」とはなりませんでした。 感...
社会派

ノマドランド_良い映画だけど面白くはない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 アメリカ)社会問題の切り取り方、安易に善悪を決め付けない構成、美しい撮影技術や高いレベルの演技など、社会派作品として一級品であることは認めるのですが、原作がノンフィクションであるがゆえにストーリーラインが弱く、のめり込むよう...
クライムサスペンス

トラフィック_社会人として最悪な態度とは【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2000年 アメリカ)メキシコ麻薬戦争を描いた傑作として認識されている作品ですが、私は中途半端な温度感の作品だと感じました。麻薬カルテルとの直接的な戦いが描かれるメキシコパートは他の犯罪映画と比較するとパンチ不足だし、娘がヤク中になった...
サイコパス

プリズナーズ_この酷い世界に神はいない【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2013年 アメリカ)少女誘拐事件の被害者家族が、容疑者に凄まじい暴行を加えるという衝撃作なのですが、それを通して被害者と加害者の同一化や、善悪のボーダーレス化、引いては神の不存在までが描かれるという裾野の異常に広い作品でした。こういう...
宇宙

メッセージ_良質だが面白さはない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ)素晴らしい映像と音響、上質な演技、知的な脚本、硬派な雰囲気とすべてが揃った高尚な作品だったのですが、面白くないという欠点だけは如何ともしがたかったです。こういうのを見ると、知的なのに娯楽性もちゃんと担保するクリスト...
人間ドラマ

フォレスト・ガンプ/一期一会_ジェニーのクズっぷり【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1994年 アメリカ)一人の男の人生とアメリカの現代史を圧倒的な笑いのセンスと驚異の映像技術で描いた面白い映画ではあるのですが、ヒロインポジションにいるジェニーがあまりにも自己中心的で不誠実かつ愚かな行動ばかりをとるのでイライラさせられ...
陰謀

Z(1969年)_豊かな娯楽性と高い思想性【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1969年 フランス・アルジェリア)ポリティカルスリラーの傑作とされる作品なのですが、製作から半世紀以上経った現在の目で見ても圧倒的に面白く、娯楽作として非常に優れています。また冷戦時代の作品ながら現在でも通用する批評性を纏っており、そ...
実話もの

ミュンヘン_経験ゼロの暗殺者集団【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2005年 アメリカ)国際的な報復合戦というテーマの捉え方、意外性に溢れた物語の展開のさせ方、感情移入可能なキャラクター描写、激しい暴力描写と、すべてにおいてよく出来た作品であり、スピルバーグの社会派作品群の中では、今のところ最高峰の作...
社会派

ミュージック・ボックス_つまらない勧善懲悪もの【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1989年 アメリカ)法廷闘争のパートには国際論争をデフォルメしたような面白さがあったのですが、「生身の人間が本当にそう反応するのだろうか」と疑念を抱かせるような不自然な点が少なからずあったため、ドラマとしての完成度は高くありません。勧...
スポンサーリンク