言わんドラゴ

スポンサーリンク
宇宙

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア_シャアがカッコ悪い【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1988年 日本)好敵手だったシャアがついに主人公に躍り出た作品ですが、アースノイドを粛正するというシャアの主張、いまだにララァを引きずり続ける幼稚さ、アムロへの逆恨みなど、すべてがダサく感じられました。シャアは腹の内を読めない男のまま...
2021.10.21
エージェント・殺し屋

ボーダーライン_一流メンバーが作った『デルタフォース2』【8点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2015年 アメリカ)やたらでかい権限を持つCIAエージェントや、素性のよく分からない殺人マシーンが出てくる時点で燃えたし、しかも演じているのがジョシュ・ブローリンやベニチオ・デル・トロという豪華さで、アクション映画好きにとってはご祝儀...
2021.10.16
エージェント・殺し屋

ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ_後半失速する【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ) 前半は社会派アクションとしてよく考えられていたし、見せ場の出来も良かったのですが、後半のトーンダウンがいただけませんでした。本作には更なる続編の構想があるらしく、そのために後半でネタが温存されたのかななんて気もし...
2021.10.13
宇宙

メッセージ_良質だが面白さはない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ)素晴らしい映像と音響、上質な演技、知的な脚本、硬派な雰囲気とすべてが揃った高尚な作品だったのですが、面白くないという欠点だけは如何ともしがたかったです。こういうのを見ると、知的なのに娯楽性もちゃんと担保するクリスト...
2021.10.13
中世・近代

キング(2019年)_端折りすぎシェイクスピア【6点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2019年 アメリカ・オーストラリア)人物描写などはかなり端折り気味で、シェイクスピアの原作を知らないと厳しい内容でした。特に主人公ヘンリー5世の王としての姿勢なり人生観なりが分かりづらかったので、苦渋の決断で戦争を始める辺りが響いてき...
2021.10.14
得体の知れない脅威

イカゲーム_怖い!エグイ!面白い!【8点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2021年 韓国)概要はありがちなデスゲーム系なのですが、視聴者に余計な疑問を抱かせない緻密な設定、ゲームのシンプルさゆえの怖さ、崖っぷちの参加者達の心理戦でイヤ~な汗をかかせられました。一日一話のペースで見ようと思っていたのですが、結...
テクノロジー

ダウンサイズ_説教臭い後半で台無し【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ)小さくなれば一般人でも金持ちになれる!という下世話な話の前半部分は小ネタもよく利いていて面白かったのですが、貧富の差や環境問題が描かれる後半は説教臭くて仕方なかったし、環境保護主義者はカルトというラストの手の平返し...
クライムサスペンス

THE GUILTY/ギルティ (2021年)_タイトで面白いスリラー【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 アメリカ)緊急通報ダイヤルのオペレーターを主人公にしたスリラーで、ある一場面を除いてはジェイク・ギレンホールの演技と電話でのやりとりのみで進行していきます。ギレンホールの暑苦しい演技(褒めてます)と『TRUE DETECTI...
2021.10.06
エージェント・殺し屋

リズム・セクション_下手くそすぎるスパイもの【2点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2020年 アメリカ)007シリーズのイオンプロが、女殺し屋をテーマにシリーズ化する気満々で作った映画なのですが、話の説明が驚くほど下手くそで驚きの展開がまったく盛り上がらず、素晴らしい見せ場がたまにあるだけのつまらない作品になっていま...
2021.10.04
サイコパス

クズとブスとゲス_えらいものを見てしまった【8点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2016年 日本)恐ろしく異常で突き抜けた映画で、何やら社会に怒っている監督の熱量に圧倒されました。インディーズ映画にはこれくらいの勢いが欲しいという、ある意味で理想的な作品となっています。しかもただ異常なものを見せるだけではなく、一般...
マーベルコミック

ブラック・ウィドウ_スパイ映画としては赤点【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 アメリカ)アベンジャーズにいる時よりも数段弱くなったブラック・ウィドウがロシアの工作機関と戦うというあまり盛り上がらなそうな話で、実際、盛り上がりませんでした。唯一良かったのがブラック・ウィドウの古巣スパイ一家で、全員がキャ...
戦争

ビースト・オブ・ノー・ネーション_イドリス・エルバが強烈【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2015年 アメリカ)少年兵問題を扱ったヘビー級の社会派作品なのですが、戦場の非情な現実を前にしつつも分かりやすい犯人探しをせず、全員に理由があるという切り口に作り手側の良心が宿っています。少年たちを兵士に仕立て上げるイドリス・エルバの...
2021.10.04
終末

SF核戦争後の未来・スレッズ_封印を解かれたトラウマドラマ【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1984年 イギリス)入念なリサーチと高い演出力で描かれた核のホロコースト作品の決定版。核によるダイレクトな破壊に留まらず、アフターマスの社会がどのようになるのかという考察までがカバーされており、冷静な分析眼を失わないというバランス感覚...
2021.10.21
DCコミック

キャットウーマン_コスプレvs厚化粧【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2004年 アメリカ)伝説的な失敗作で、その前評判通りのつまらない映画でした。最初から美人のハル・ベリーではキャットウーマンへの「変身」を体現できていないし、敵は生身のシャロン・ストーンなので負ける気がしないし、ポップなノリがしんどいし...
中世・近代

フッド:ザ・ビギニング_中世のダークナイト【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 アメリカ)何度目なのか分からないロビンフッドの映画化ですが、今回は『ダークナイト』(2008年)のような光の騎士と闇の騎士の対比や、ヒロインを間に挟んだ三角関係という構図が置かれています。この試み自体は悪くなかったのですが、...
2021.09.24
DCコミック

ワンダーウーマン 1984_地球規模の笑うセールスマン【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2020年 アメリカ)期待していなかったら思いのほか良かった映画。人間の欲望というテーマには観客にとっても切実なものがあったし、実現した夢を手放すしかないというドラマには泣きの要素もありました。ワンダーウーマンが弱くなるなどヒーローもの...
実録もの

仁義なき戦い 完結篇_蛇足だけどそこそこ面白い【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1974年 日本)シリーズ第5弾。美しく終わった『頂上作戦』のラストを半ば台無しにする形で強引に製作された作品だけあって、出来はシリーズ最低でした。それでも面白いのは面白いんですけどね。でもまぁ人気キャラの切り捨てが酷かったり、広能の老...
2021.09.08
実録もの

仁義なき戦い 頂上作戦_小林旭がかっこいい【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1974年 日本)シリーズ第4弾。愚か者や卑怯者が足を引っ張るという構図は従前の通りなのですが、その足を引っ張る者の一人に主人公 広能(菅原文太)も加わるという点が斬新で驚きました。モラルの規範的存在だった広能の無能化は、ヤクザの時代の...
2021.10.11
実録もの

仁義なき戦い 代理戦争_人を喰わにゃあ、おのれが喰われるんで【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1973年 日本)シリーズ第3弾。血生臭い抗争よりも権威・権力を巡ってのパワーゲームに主眼を置いたシリーズの真骨頂的作品で、複雑極まりない構図を短時間で描き切った脚本・演出の力技が光ります。また一番良いところで終わるという『帝国の逆襲』...
実録もの

仁義なき戦い 広島死闘篇_まさかのラブストーリー【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1973年 日本)シリーズ第二弾。北大路欣也と梶芽衣子の悲恋と、狂犬 千葉真一が暴れ回る物語が並走する内容なのですが、それぞれに見応えがあって大変楽しめました。ヤクザを題材にしながらも、普遍的な物語を紡いでいることが本作の最大の強みでは...
スポンサーリンク