ドラマ・コメディ

スポンサーリンク
実話もの

シルバートン・シージ_エンタメと社会派の折衷失敗【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2022年 南アフリカ)南アのアパルトヘイト政策を糾弾する社会派エンタメ作品だが、籠城ものと社会啓蒙的な主張のバランスが悪く、どちらの要素も面白くなっていないのが残念だった。 登場人物 カルビン・クマロ:犯人グループのリーダ...
2022.05.10
社会派

ある告発の解剖_後半がひどすぎる【3点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2022年 イギリス・アメリカ)レイプ裁判を描いた怒涛の社会派ドラマという風情で前半部分の出来は素晴らしいのだが、後半に差し掛かった辺りから急激に作品のクォリティは下がり、最終話は目も当てられない出来だった。『ゲーム・オブ・スローンズ/...
コメディ

ジーリ_最低映画の金字塔【2点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2003年 アメリカ)21世紀の駄作の代表的作品なのだが、確かに酷かった。メインのクライムドラマにはまったく骨がなく、コメディパートはまったく笑えない。当時ガチカップルだったベン・アフレックとジェニロペがイチャイチャしてるだけの映画で、...
人間ドラマ

ザ・ウェイバック_見所はベン・アフレックだけ【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2020年 アメリカ)実際にアルコール依存症を患っているベン・アフレックがアルコール依存の男を演じただけあって説得力が違い、彼の熱演は大きな見所となっています。ただしスポーツ映画としては盛り上がりに欠けるし、王道通りの展開を迎えるので特...
実話もの

ラリー・フリント_エロ本で表現の自由を語る【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1996年 アメリカ)表現の自由を巡る論争を、硬軟織り交ぜた多彩な演出で見せた社会派作品であり、巨匠ミロス・フォアマンの手腕が光っています。また、下半身不随で「無敵の人」になったつもりのラリーが、それでもなお大事なものが残されていること...
社会派

運命のイタズラ_資本主義の歪み【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2022年 アメリカ)クライムサスペンスのようでクライムサスペンスではない映画。主題は資本主義社会の歪みに関する考察なのだろうが、金持ち一人を悪く描きすぎているために、この命題もあまり効いていない。大して面白くはなかったので、見なくても...
2022.03.24
社会派

未成年裁判_重厚で見応えある社会派ドラマ【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2022年 韓国)日本でもしばしば問題になる少年法の意義に突っ込んだ、ヘビー級の社会派ドラマ。韓国の司法制度や社会風土を知らないと分からない部分もあるにはあるのですが、テーマそのものはユニバーサルなものなので、多くのものを感じ取れました...
2022.02.28
人間ドラマ

ロスト・ドーター_母の罪をスローに描く【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 米、英、以、希)含蓄に富んだ、いかにも評価されそうなタイプの映画ではあるのですが、娯楽性はほぼ切り捨てられているので面白くはありません。2時間は寝落ちしない程度のコンディションの日に見るべき映画。最後まで見れば、良い教訓を得...
2022.04.14
青春もの

BLUE/ブルー_才能がないという惨い現実【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 日本)いくらボクシングが好きでも、向いていなければうまくはならないという、惨たらしい現実の一側面を描いた傑作ドラマ。うまくやれず、周囲から馬鹿にされて何かを諦めた経験を持つ人なら、心の髄にまで響いてくること間違いなしです。 ...
実話もの

Netflix版『新聞記者』の製作現場が問題ありまくりだった件

(2022年 日本)2022年1月に配信開始され、当初は好評を博していたNetflix制作のドラマ版『新聞記者』ですが、事件当事者から「事実とは違う」との抗議があったのに無視したなどの問題が指摘され始めています。作品レビューで私が問題視し...
実話もの

新聞記者(2022年)_人物描写に面白みがない【2点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2022年 日本)映画版に引き続いて当Netflix版も現実問題とフィクションの混ぜ方が下手で、結果的に無責任な作りになっていたり、善悪を明確に分けすぎていてドラマに面白みがなかったりと、見ていてストレスしか感じない作品でした。また森友...
2022.02.04
実話もの

新聞記者(2019年)_製作姿勢が内輪に向きすぎ【3点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2019年 日本)日本版『ザ・レポート』(2019年)を期待したのですが、これで日本アカデミー賞かと驚くほどの完成度の低さでした。事実のトレースに終始して娯楽として昇華されておらず、題材の掘り下げ方も浅いために、政治に無関心な人、政権に...
2022.01.18
人間ドラマ

はるヲうるひと_俳優が絶叫するだけの映画【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2019年 日本)俳優 佐藤二郎が監督・脚本も務めて5年かけて映画化に漕ぎつけた野心作なのですが、話らしい話がない中で、俳優達の暑苦しい演技を見せるだけの内容なので、かなり面白くありませんでした。演技の質が高くても、話がないと映画にはな...
2022.02.07
実話もの

空白_モンスター遺族大暴れ【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 日本)被害者感情が幾重にも折り重なった複雑なドラマであり、娘を失った怒りからモンスターと化す古田新太と、悪いとは思いつつも、なぜそこまで責められなきゃいけないのかという感情もある松坂桃李の演技合戦が見もの。また登場場面は少な...
青春もの

ボクたちはみんな大人になれなかった_共感できないとしんどい【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 日本)中年男が20年も前に分かれた彼女を思い出してウジウジするというしょーもない話でした。かなり内省的な話なので、共感できないと本当にしんどいです。女性の方にとっては、男性の恋愛観が垣間見えるお勉強映画にはなるだろうとは思い...
2022.01.14
実話もの

浅草キッド_すごいぞ!劇団ひとり監督【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 日本)衰退する師匠と伸びていく弟子の微妙な関係が描かれた含みの多い作品であり、単なる有名人の伝記映画だと思って見た私は、その完成度に度肝を抜かれました。脚本・監督を務めた劇団ひとりの映画人としての実力は想像以上であり、軽く戸...
社会派

消えない罪_重厚で痛ましく、たまに雑なドラマ【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 アメリカ)犯罪を犯した人間の生きづらさを描いた作品であり、サンドラ・ブロックの熱演もあって、重苦しくも見ごたえのあるドラマに仕上がっています。多面的な視点を織り込んだ構成は実によく出来ているのですが、たまに不可解な点もあるの...
2021.12.13
社会派

ノマドランド_良い映画だけど面白くはない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2021年 アメリカ)社会問題の切り取り方、安易に善悪を決め付けない構成、美しい撮影技術や高いレベルの演技など、社会派作品として一級品であることは認めるのですが、原作がノンフィクションであるがゆえにストーリーラインが弱く、のめり込むよう...
2021.12.11
人間ドラマ

フォレスト・ガンプ/一期一会_ジェニーのクズっぷり【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1994年 アメリカ)一人の男の人生とアメリカの現代史を圧倒的な笑いのセンスと驚異の映像技術で描いた面白い映画ではあるのですが、ヒロインポジションにいるジェニーがあまりにも自己中心的で不誠実かつ愚かな行動ばかりをとるのでイライラさせられ...
2021.08.23
社会派

友罪_てんでばらばらな群像劇【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 日本)豪華キャストの熱演に支えられてそこそこ見ていられるし、いくつも並んだエピソードの中には面白いものもあったのですが、全体を貫く芯のようなものがなく最後まで個別エピソードがバラバラなままだし、最も重要な少年Aへの考察が甘い...
スポンサーリンク