ドラマ・コメディ

スポンサーリンク
社会派

ジャンクション_風変りだが核心を突いた人種ドラマ【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1995年 アメリカ)黒人と白人が入れ替わった社会という珍妙な切り口の作品なのですが、監督が日系人ということもあってどちらにも肩入れしない冷静な視点があって、人種問題を抱える社会の一側面を的確に切り取るような鋭さがありました。 ...
2020.06.15
実話もの

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ_泥沼の主導権争いが見ごたえあり【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ)前半は比較的まともなビジネス映画なのですが、後半では創始者であるマクドナルド兄弟と創業者であるレイ・クロックとの間の主導権争いが本格化し、争いが人を醜くしていく様がドラマチックに描かれます。味わいの異なる前半と後半...
人間ドラマ

アイ・ウォント・ユー(1998年)_テーマは良いけど面白くはない【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1998年 イギリス)ベルリン国際映画祭で特別表彰を受けた美しい撮影や、オチを知る前後では全然違う話に見えるという凝った構成など、技術的には素晴らしい映画だと思います。ただし87分という短い上映時間すら退屈に感じるほど娯楽性が薄く、何か...
社会派

魂のゆくえ_聖職者版タクシードライバー【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 アメリカ)『タクシードライバー』(1976年)の脚本家ポール・シュレイダーによる陰鬱なドラマ。シュレイダーらしく含蓄に富んだ内容で見応えはあるのですが、今までシュレイダーが世に送り出してきた傑作群と比較すると落ちる出来かなと...
人間ドラマ

ごっこ(2018年)_ありえない展開だらけのトンデモ映画【3点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2018年 日本) 演技の質は高く、疑似親子が本物の親子になっていく様は感動的であり、見るべきところのある映画ではあるのですが、話は論理的に破綻しており、突飛な展開、理解不能な説明などが多く、結末へ近づいていくほどに心は離れていきました...
2020.03.18
人間ドラマ

光をくれた人_胸を締め付けるリアルかぐや姫【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド)「あなたならどうしますか?」と問われるような映画であり、特異なシチュエーションながら誰もがわが身に置いて考えられるような普遍性を兼ね備えています。心理描写が細やかなので話の先が見え...
2020.03.18
人間ドラマ

シークレット・ルーム/アイ’ム ホーム 覗く男_尻切れのラストは反則【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ)ありえない設定の中で起こる極端な物語なので、感情移入はできませんでした。もっと観客がわが身のことと思えるような仕掛けを入れておけばよかったのに。意味のある主張は込められているのでまったくダメな映画ではありませんが、...
2020.03.10
青春もの

バッド・チューニング_日本人にはピンとこないかも【5点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(1993年 アメリカ)ストーリーらしきものがなくプロットの積み重ねで成り立っている作品。この雰囲気を好きになれるかどうかで決まる映画なのですが、日本人にとっての青春の原風景とはあまりに違うので、残念ながら心に響くものがありませんでした。...
青春もの

レディ・バード_まさかアメリカの女子高生に感情移入できるとは!【8点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2017年 アメリカ)アメリカ製の青春映画は基本的に不得意なのですが、本作だけはいけました。描かれているのは文化的背景にとらわれない若者の普遍的な悩みだし、重くなり過ぎることなく笑いを含めながら見せるという語り口も良く、大変感情移入でき...
青春もの

ミストレス・アメリカ_リア充の薄っぺらさ【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2015年 アメリカ リア充の薄っぺらさに対する非リアからの批判というテーマの選び方、リア充のどこが薄っぺらなのかをネチネチと指摘するような一連の描写は興味深かったのですが、作品全体がそこまで楽しくはなっていませんでした。もうちょっとテ...
2020.02.04
スポンサーリンク