マッドバウンド 哀しき友情【6点/10点満点中_良質だが主題に辿り着くまでに時間がかかりすぎる】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[2017年Netflixオリジナル作品]

6点/10点満点中

■舞台となるミシシッピ州について

かつてのミシシッピ州は綿花プランテーションの盛んな州であり、南北戦争直前期にはアメリカで5番目に豊かな州でした。しかし、南北戦争で多くの労働人口を失った上に、豊かだった時代に荒地の開拓やインフラ投資をしなかったために工業化が遅れ、南北戦争後は最貧クラスの州にまで没落し、その状態は現在にまで至っています。富裕層は逃げ出し、貧困層はかつての栄華をひたすら懐かしむという停滞した空気がそこにはあり、そのことがこの州の白人が人種差別的な行動をとる背景のひとつとなっています。

■国家的テーマを個人のドラマに落とし込んだ完成度の高い脚本

本作のテーマは人種問題と戦争であり、これらは現在に至るまでアメリカに内在し続ける2大テーマと言えるのですが、本作の脚本は社会問題の捉え方と個人のドラマへの絡ませ方が抜群にうまく、その完成度には舌を巻きました。

いきなり人種対立を見せるのではなく、ミシシッピ州の停滞した空気をまず切り取り、相手への敬意の不足や些細な言葉遣いといった差別の土壌部分から丹念に描いていきます。

また、PTSDという言葉がなく、かつ従軍した兵士達の精神疾患を軍が公にしておらず※、帰還兵達には理解者がいなかったというドラマの後景部分は現在の社会問題にも通じています。そして、他に理解者がいなかったからこそ人種の壁を越えてジェイミーとロンゼルが接近したという二つのテーマの合流のさせ方も実に自然でした。

※1946年にPTSD患者の様子を収めたジョン・ヒューストン監督の『光あれ』というドキュメンタリー映画が製作されたものの、こんなものを見せると入隊する人間がいなくなるということで軍の指示でお蔵入りとされました。現在、『光あれ』はNetflixで鑑賞可能。

■上映時間の配分が悪く、体感時間が長く感じる

本作は二部構成となっており、農場を購入した白人のマッカラン一家と、ご近所の黒人のジャクソン一家の微妙な緊張感を含んだ交流が前半パート、第二次世界大戦に従軍していた両家の息子たちが帰還してからが後半パートとなります。前半パートでは差別の土壌部分が描かれ、主題が姿を現すのが後半パートなのですが、前半パートにやたらと時間が割かれているため、見ていてダレました。その結果、よく出来ているんだけど面白くはないという、名物にうまいもんなし状態となっています。この点はとても残念でした。

前述した通りテーマの捉え方や根本的なドラマの作りは良いだけに、主題と絡まない部分をもっと刈り込み、前提と主題のバランスを整えれば見違えるような傑作になったと思うのですが。

■本作が成し遂げた快挙と巻き起こした論争

アメリカという国家にとっての重大なテーマを個人のドラマに落とし込んだウェルメイドさが評価されて本作はアカデミー賞助演女優賞、脚色賞、撮影賞にノミネートされるという快挙を成し遂げましたが、これに異を唱えたのが神様ことスティーヴン・スピルバーグでした。動画配信こそが主たる鑑賞方法であり、アカデミー賞への出展資格を得るためにロスで一週間だけ上映されたような本作を映画として評価すべきではないと主張したのです。

“一度テレビというフォーマットに決めたのなら、それはもうTV映画です。もし良い番組だったら、もちろんエミー賞を取るべきですが、オスカーではありません。1つか2つの劇場で1週間ほど限定公開されたからといって、アカデミー賞の資格を与えるべきではないと思います”(ITVニュース 2018年3月20日)

他方、本作はネットフリックスが配給権を獲得するまでは劇場公開を想定して製作されており、他の劇場公開作と何ら変わらない作りであるということもまた事実。ネットフリックスが配給権を獲得したからという理由で優秀な作品が賞レースから除外されることもまた不合理だと言えます。

ネットフリックス排除の方針を決めたカンヌ映画祭とは違い、アカデミー賞は当面動画配信作品にも出展資格を与え続ける方針のようなのですが、双方の主張に分があるだけに今後の動向が気になるところです。

 

Mudbound

監督:ディー・リース

脚本:ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ

原作:ヒラリー・ジョーダン『Mudbound』

製作:カール・エフェンソン、サリー・ジョー・エフェンソン、カシアン・エルウィズ、チャールズ・キング、キム・ロス、クリストファー・ルモール、ティム・ザジャロフ

出演者:キャリー・マリガン、ギャレット・ヘドランド、ジェイソン・クラーク、ジェイソン・ミッチェル、ロブ・モーガン、メアリー・J・ブライジ

音楽:タマール・カリ=ブラウン

主題歌:メアリー・J・ブライジ「Mighty River」

撮影:レイチェル・モリソン

編集:マコ・カミツナ

製作会社:エレヴェイテッド・フィルムズ、ジュール・フィルムズ

配給:ネットフリックス

公開:2017年11月17日

上映時間:132分

製作国:アメリカ合衆国

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
社会派
スポンサーリンク
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント