ノーカントリー【7点/10点満点中_老人のぼやきは本当に正しいのか】(ネタバレあり・感想)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[2007年アメリカ]

7点/10点満点中

公開されるやその年の賞という賞を総なめにし、同年のライバルであった『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』や『フィクサー』にはぺんぺん草も残らない状況を生み出した本作ですが、内容はあまりに難解で一度見ただけでは理解不可能。本作を評価した偉い人達も、本当に内容を把握できていたのかは怪しいところです。

まぁアントン・シガーの素晴らしいキャラ立ちと、心臓が止まりそうになるほどの緊迫感溢れる見せ場で2時間は余裕で引っ張れているので深く理解しなくても楽しめる映画ではあるのですが、せっかくなので内容を解釈してみました。

No Country for Old Men

本作の原題は19世紀の詩人・イェイツの『ビザンチウムへの船出』の冒頭を引用したものであり、その全文は以下の通り。

それは老いたる者たちの国ではない。
恋人の腕に抱かれし若者たち
樹上の鳥たち
その唄と共に、死に行く世代たち、
鮭が遡る滝も、鯖にあふれた海も、
魚も、肉も、鶏も、長き夏を神に委ね
命を得たものは皆、生まれ、また死ぬのだ。

『ビザンチウムへの船出』ウィリアム・B・イェイツ 著

現実主義に傾倒する社会に対してイェイツは神秘とロマンにこだわり続けた詩人でした。また、ビザンチウム(現在のイスタンブール)はかつて芸術の都として繁栄した都市であり、イェイツはこれに老いや死を超越した芸術のユートピアを象徴させました。そしてこの詩は、老いさらばえて社会から取り残されイェイツが、芸術の世界でなら永遠に生き続けられることを夢想して詠んだものでした。

キャラクター達が象徴するもの

【ベル保安官】老人の懐古趣味

一見すると本作はモスが主人公の映画のように見えますが、冒頭とラストのモノローグにより、主人公はベル保安官であることが分かります。そしてベル保安官は本編の要所要所でイェイツのように「今の世の中はどうなっているんだ。俺はこんな世の中にはついていけない」とぼやき続けます。

では、ベルのぼやきは的を射たものなのでしょうか?これを判断する上で重要な情報が本編中にふたつあります。一つ目は、ベルの祖父の代に保安官補を務めていた老人の話。この老人は、強盗による襲撃でベルの祖父は惨殺されたと言います。次に、ベルが見たという夢の話。登場するのは彼と彼の父親で、父は若くして死んだから息子の自分の方が老けていたと言います。つまりベルは父親よりも長生きしているのです。

祖父の代にも父の代にも理不尽な理由で人命が奪われることはあり、ベルが嘆くような現実は今の世に特有のものではないことがこれらの情報から読み取れます。また、本編の年代が現代ではなく1980年に設定されていることも、いつの時代にも老人はぼやくものだということを暗に示しています。

【殺し屋シガー】理不尽で暴力的な世の本質

ではその世の本質とは何か?それは殺し屋シガーが象徴する理不尽で容赦のない暴力です。同じ標的を追う同業者、親切にしてくれた一般人、さらには雇い主まで殺してしまうシガーの行動には理屈も合理性もありませんが、人の運命とはそういうもの。立派な人でも事故や病気で命を奪われるし、長生きする悪人もいる。運命の前で人の考える理屈やモラルなど取るに足らぬもので、その無目的さゆえ、それはコインの裏表のようにシンプルである。

コイントスで自覚のないまま生きる道を得たおやじに、シガーは「この幸運のコインを大事にしろ。ポケットにしまえば他のコインと混ざってしまうから、ちゃんと持っておけ」と言います。運命とは予告もなくやってくるため、これを回避しても多くの人はその幸運に気付きません。しかし何十年も何事もなく生きていることが不運に捕まらなかった証なのだから、その有難みを認識して大事にしろとシガーは言うのです。

【モス】幸運に無自覚な若い世代

そんなシガーに追われるモスは、幸運に対して無自覚な若い世代の代表。目撃者なしで大金を拾う幸運を一旦は掴むものの、その偶然性の分からないモスは現場に戻るミスを犯し、素性を知られてしまいます。また、シガーに追い付かれる寸前で発信器に気付き、待ち伏せする機会を得て襲撃から生き延びますが、またしても彼はその幸運を認識できず、実力で切り抜けたと勘違いして対決姿勢を強め、それが自分だけでなく妻の命も奪う結果となります。

一見すると頭の弱そうなモスの妻は、本編中で唯一、シガーと噛み合った会話ができた人物でした。ベラベラとよくしゃべり、妻にあれこれと指示を出していたモスがシガーの意図するところをまるで理解できていなかったこととは対照的です。

なお、当初コーエン兄弟は27歳のヒース・レジャーをモス役に希望しており、より若い世代に見せたかったようです。

では、老人達は世の本質を理解できているのか

幸運を理解できなかった若いモスは身を滅ぼしましたが、ではこの社会を生き抜いてきた老人達はこれを理解できているのでしょうか。

本編のラストで、ベルは夢の話をします。「俺はどこかの町で親父に金をもらい、それを無くした」。ここで親父からもらった金とはシガーによるコイントスの話と対応しており、ベルは幸運を得た場所を定かには覚えておらず、しかもそれをなくしてしまったと言います。終始、達観したような物言いをしていたベルもまた、幸運の有難みを認識していないモスと大差がなかったのです。

No Country for Old Men
監督:ジョエル・コーエン,イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン,イーサン・コーエン
原作:コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』
製作:スコット・ルーディン,ジョエル・コーエン,イーサン・コーエン
製作総指揮:ロバート・グラフ,マーク・ロイバル
出演者:トミー・リー・ジョーンズ,ハビエル・バルデム,ジョシュ・ブローリン
音楽:カーター・バーウェル
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:ロデリック・ジェインズ
製作会社:パラマウント・ヴァンテージ,ミラマックス,スコット・ルーディン・プロダクションズ,マイク・ゾス・プロダクションズ
配給:ミラマックス(アメリカ)パラマウント/ショウゲート(日本)
公開:2007年11月21日(アメリカ)2008年3月15日(日本)
上映時間:122分
製作国:アメリカ合衆国

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
サイコパス
スポンサーリンク
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント