デッドプール【7点/10点満点中_王道の物語とユニークな語り口】(ネタバレあり感想)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マーベルコミック

7点/10点満点中

■王道通りにまとめられたヒーロー誕生編

2000年の『X-MEN』に始まるハリウッドのアメコミ映画ブームは「ひたすら派手に、大規模に」という方向での進化を遂げましたが、近年ではパワーのインフレとクロスオーバー企画の乱発により、観客はやや食傷気味となっています。そんな中で現れた本作は、「予算が足らなくてX-MENの主要メンバーを出せなかった」「待っていてもサミュエル・L・ジャクソンは出てこないぞ」などと劇中でネタにされるほどの予算しか与えられず(『X-MEN/アポカリプス』の3分の1、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の4分の1)、出演者にビッグネームはなし。数十万人が巻き添えを食らっていそうな大規模破壊とも無縁で、クライマックスの舞台は人気のない廃棄場という、いつの時代のヒーロー映画だろうかと思うほど地味な内容となっています。

物語も、ある不幸からスーパーパワーを得た主人公が、さらわれた恋人を取り戻すべく悪人(たいていはヒーロー誕生に深く関わった者)と対峙するというヒーロー誕生編としては王道をいくものでしたが、ともすれば基本が蔑ろにされがちな近年のアメコミ実写化ブームにおいて、ここまで律儀に基本を守った作品はかえって新鮮に映りました。また、そのシンプルさゆえに、本作はエモーショナルな作品に仕上がっています。恋人に対する主人公の思いや、スーパーパワーを得る過程で受けた苦痛、そして悪人への憎悪などあらゆる感情が過不足なく込められているのです。

■ユニークな語り口

ただし、その語り口はかなり破天荒です。ウェイド・ウィルソン時代から一貫して主人公の軽口が止まらず、そのあらすじとは裏腹に作品は深刻になりすぎません。まぁこの軽口にもきちんと意味があって、観客を笑わせるための冗談であると同時に、主人公が過酷な運命に飲み込まれないためにこうした態度をとっているという『ライフ・イズ・ビューティフル』的な部分もあって、観客へのサービスと物語としての必然を両立したこの見せ方はうまいなと思いました。

さらには、人体破壊は克明に描写されるし、激しいベッドシーンはあるし、おっぱいも出てくるし、セリフの半分は下ネタだし、アメコミ映画とは思えない要素がドバドバと盛り込まれていて、少し間違えれば闇鍋状態になりかねなかった企画にあって、監督のティム・ミラーは王道と邪道を絶妙なバランスでブレンドして一本の映画に仕上げています。過去に数本の短編アニメを撮っただけの監督がこれだけ巧みなストーリーテリングの技術を披露していることには驚かされました。

■怒涛のアクション

ティム・ミラーは『ドラゴン・タトゥーの女』のオープニングシークエンスを担当し、従前よりビジュアル派として高い評価を得ている人物なのですが、その手腕も本作ではきっちりと発揮されています。前述の通り、本作の見せ場は地味なのですが、アクロバチックに日本刀を振り回すデッドプールの殺陣はとにかくかっこいいし、舞台は小規模ながらも超人達のパワー描写は極めて的確で人外同士の死闘にきちんと見えています。

また低予算を克服するための構成上の工夫もあって、大掛かりなアクションは高速道路でのカーチェイスと廃棄場での人質奪還の二つしかないのですが、前半の時間軸を解体することで高速でのカーチェイスを繰り返し見せて、見せ場のかさ増しをしています。低予算ならではのこうした工夫は好意的に見ることができたし、見せ場の数を無闇に増やすのではなく、リソースを投下すべき場面を絞って、それらを丁寧に作り込んでいくという方針は正しかったと思います。

■ライアン・レイノルズの度量の深さ

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』での挫折にも負けず、デッドプールにこだわり続けて本作ではプロデュースも担当したライアン・レイノルズの頑張りも本作の見せ場となっています。スーツアクターも自分でこなすというストイックさと、ブレイドネタ、ウルヴァリンネタ、グリーンランタンネタと、期待されているにも関わらず結果を出して来られなかった自身のキャリアをも笑いにするという度量の深さで作品のクォリティアップに貢献しており、また、その捨身の姿勢が作品全体の好感度アップにも繋がっています。

欲をかかずにコンパクトにまとめられた作品ゆえに問題らしい問題はなかったのですが、懸念されるのは、あまりにも最近のエンタメに絡めたネタが多すぎて、果たして5年後、10年後の観客が本作を楽しむことができるのか、その賞味期限の短さが気になりました。

にほんブログ村 映画ブログへ
記事が役立ったらクリック

Deadpool
監督:ティム・ミラー
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック
原作:ファビアン・ニシーザ、ロブ・ライフェルド
製作:ローレン・シュラー・ドナー、サイモン・キンバーグ、ライアン・レイノルズ
製作総指揮:スタン・リー
出演者:ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、T・J・ミラー、ジーナ・カラーノ、レスリー・アガムズ、ブリアナ・ヒルデブランド
製作会社:20世紀フォックス、マーベル・エンターテインメント、ザ・ドナーズ・カンパニー
配給:20世紀フォックス
公開:2016年2月12日(米)、2016年6月1日(日)
上映時間:108分
製作国:アメリカ合衆国

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
マーベルコミック
スポンサーリンク
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント