ヤング・アダルト・ニューヨーク_ほどほどの人生を受け入れる瞬間の切なさ【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間ドラマ

(2015年アメリカ)
実力不足で夢叶わない人間の話ばかり作っているノア・バームバック監督が、またしてもプライドばかり高くて才能のない芸術家を題材としています。ベン・スティラー主演のおしゃれなコメディのような外観と裏腹に、内容はほぼ笑いどころのない中年残酷物語でした。

IMDBのスコア(2018/10/4時点で6.3)やロッテン・トマトのオーディエンススコア(51%)を見る限り本作の世評は必ずしも振るっているわけでもないようなのですが、私は人生の真理を的確に突いた良作だと感じました。

あらすじ

ドキュメンタリー監督のジョシュとその妻コーネリアは、子供を持たず自由なライフスタイルを満喫しているつもりでいた。しかしジョシュは監督として行き詰り何年も新作を完成させられずにいたし、コーネリアも物足りなさを感じるようになっていた。そんな折、ジョシュが講師を務めるカルチャースクールでジェイミーとダービーという若い夫婦と知り合い、特にジョシュは監督としての自分の手腕を評価し、教えを乞いに来るジェイミーを可愛がるようになる。

感想

中年残酷物語

世の中で何事かを成し遂げられる人なんてごく一握りであり、圧倒的多数の人生とは何者にもなれないまま、まぁほどほどで終わるというものです。ただしそれでは味気ないので出産・育児へと生活の軸が移っていき、良い家庭を築くことで自己肯定感を味わうことこそが30代後半から40代前半の人々の心理ではないかと思うのですが、本作では社会的な自己実現ができていない、かつ、子育てをしていない中年男の心理が抉られるように描写されています。私自身も、若い頃に思い描いていた野心の半分も実現できないまま30代後半に突入しており、痛いほど分かる描写の連続で疲れました。

伸びしろの限界を認めたくないという心理

認めたくはないが、伸びしろの限界はとっくに来ている。若い頃にはちょっと輝いていた時期もあったが、それと同じ輝きは二度訪れないだろうことは何となく分かっている。主人公の新作は10年以上に渡って制作中の状態となっていますが、これをリリースしても評価を受けられる自信がないからこそ完成を延々と引き延ばしにしているようです。

そこに若い奴が現れて「先輩の仕事は凄いっすね!」と思いっきりおだててくれる。すっかり気分がよくなって「俺が仕事を教えてあげるよ。人脈も使っていいよ」と中年ホイホイに吸い込まれるようにはまっていき、逆にファッションも生活も若手の色に染められていく中年男。なかなか無様ではあるのですが、自分を評価してくれて、しかも現状の自分を変え、輝きのあった若い頃の自分に戻してくれるかもしれないという幻想を味わえる若手に寄り添うことで、そのうち受け入れなきゃいけないと薄々感じていた「ほどほどの自分」を否定することができる。主人公はこの舟に全力で乗っかっていきます。

才能ある後進に追い越されることの恐怖

しかし問題だったのは、この若手には本当に才能があったということであり、主人公が数十年かけても得られなかった師匠からの評価をいとも簡単に勝ち取ってしまいます。そもそも主人公がこの若手に入れ込んだのは自己肯定感を味わいたいことが目的だったのに、むしろ「自分の出来がいかに悪いか」を思い知らされる結果に終わり、彼は裏切られたという被害者意識の塊となります。

傍から見れば、内心はどうあれ外観上は若手の手柄を妬まず素直に祝福してあげることこそが最善なのですが、主人公はネガキャンを繰り返して余計に自分の評価を落としていきます。どの職場にもいますよね、部門のエースになった後輩に対して「あいつの仕事は見せかけ。そのうちメッキが剥がれる」「上司への取り入り方がうまいだけ」などと陰口を言って回る出来ない中年って。しかし、そんなネガキャンに第三者が耳を貸すはずがなく、「出来ない奴がなんかめんどくさいこと言ってるな」としか思われていないのですが、本人にだけはその構図が見えていないのです。この辺りにも、自分はこの主人公と違うとは言い切れない怖さがありました。

仕方なく「ほどほどの人生」を受け入れる

恥の上塗りをしまくった主人公はラストでついに観念し、子供を持ってほどほどの人生を送ることを決意します。まさに夢破れた状態なのですが、クリエイターとして完全に終わった旦那に寄り添ってくれる奥さんや友人夫婦など、人間関係にはほどほど恵まれている。あとは主人公がそこに幸せを見出せるかどうかなのですが、事ここに至っても子供を愛せる自信がないことがラストカットで暗示されます。ハッピーエンドともバッドエンドともとれるこの締めは秀逸であり、万人にとって身につまされる作品となっています。

≪ノア・バームバック監督関連記事≫
イカとクジラ_家族から引導を渡された中年男の地獄篇【7点/10点満点中】
マーゴット・ウェディング_クセが強すぎる愛憎劇【6点/10点満点中】
フランシス・ハ_甘くてビターな傑作青春映画【8点/10点満点中】
ヤング・アダルト・ニューヨーク_ほどほどの人生を受け入れる瞬間の切なさ【7点/10点満点中】
ミストレス・アメリカ_リア充の薄っぺらさ【6点/10点満点中】
マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)_意義深いが爆発力不足【6点/10点満点中】
マリッジ・ストーリー_離婚ドラマの新たな傑作【8点/10点満点中】
【見応えあり!】ノア・バームバック監督の紹介とオススメ作品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
人間ドラマ
スポンサーリンク
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント