マーゴット・ウェディング_クセが強すぎる愛憎劇【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間ドラマ

(2007年アメリカ)
行間を読み取ることを観客に要求する作品だし、何か起こりそうで結局何も起こらない、登場人物の誰も成長しないというカタルシス皆無の作風なので観る人を相当選ぶ映画だと思います。客観的には不出来な作品なのかもしれませんが、家族関係の真理という点が私には刺さったので、個人的には気に入りました。

あらすじ

作家のマーゴットは、妹ポーリンの結婚式に出席するため息子クロードを連れて久しぶりに帰郷する。しかし妹の婚約者マルコムがどうにも気に入らず、妹に対してはネガティブな感情を隠さなかった。そこから、マーゴットとポーリンの長年に渡る確執が再燃し始める。

感想

状況説明一切なし

序盤では誰がどの立ち位置にいるのかの把握が大変だったし、聞き流してもいい情報と記憶しておくべき情報の区別もできなかったため、洪水のようなセリフを聞き漏らさないよう結構な集中力を要求されました。メイジーなんて物語を大きく動かす超重要ポジションにいるのに、いざ事が起こるまで何者かが分からないという徹底した不親切設計。

本編中に隣家を覗き見る場面が多く登場することと併せて作品全体に覗き見感覚を付与するためにあえて断片的な情報を全体に散らした構成にしているものと思われます。私はたまたまコンディションの良い時に鑑賞したので、徐々に明かされていく人間関係を楽しむことができたのですが、「訳分からんし、どうでもいいや」となる人も続出したのではないでしょうか。

  • 結婚式を控えたポーリーンとマルコムの間にはすでに大きめの娘がおり、どちらかの連れ子なのだろうという推測はできるのですが、どちらの子なのかの説明がないため当初はこの子の立ち位置が分かりません。
  • 前半のディナーのみに登場するゲイカップル。この人達も一体何者なのかが分からず、またこの場面以外では姿を見せないため、こちらは最後の最後までマーゴット達とどんな関係にあるのかが分かりません
  • 頻繁に家を出入りする女子大生メイジー。親戚の子か何かかと思っていたのですが、実はベビーシッターでした。通常の映画であればバイト代のやりとりをしている場面を挿入して「この人はベビーシッターです」という点を明確にするものですが、本作にそういった説明はありません。しかもメイジーはマーゴットの不倫相手の娘。これも物語の終盤でようやく判明する事実です。

人生にほとんど絡んでこない家族の存在

また、家族の描き方も独特だと感じました。マーゴットとポーリーンには他にベッキーという姉妹がいるのですが、彼女は姿を現さないし、セリフにすらほとんど出てきません。また、マーゴットの息子はクロードだけではなくジョシュという子もいるようなのですが、こちらも一度名前が出てくるだけという扱いとなっています。

一応存在しているらしいが、マーゴットの人生にはおそらくほとんど絡んでいない家族の存在。見ていて気持ち悪かったのですが、鑑賞後に振り替えると、これって意外と真理を突いた描写かなとも思いました。家庭内の付き合いにも濃淡があります。もちろん家族は全員大事で愛情の量は平等だが、相性にはムラがある。これってどの家庭にも見られる現象ではないでしょうか。

テーマは家族の相性

そう考えると、家族の相性こそが本作のテーマなのかと思います。マーゴットは間違いなく性悪女だし、最後まで成長することなく性悪を通します。妹のポーリーンは幼少期からマーゴットの性悪ぶりに振り回されて結婚生活までをぶち壊されたし、息子のクロードは思春期なのに体臭や見た目などの欠点を容赦なく指摘されて傷つきます。前述したベッキーやジョシュはおそらくマーゴットを見切ったのだろうと思いますが、ポーリーンとクロードはそんな酷い扱いを受けてもなお、マーゴットから離れることができません。これこそが相性であり、家庭内の愛憎関係というやつなのだろうと思います。

物語に登場しない家族の存在によって、登場人物の関係性を際立たせる。凄い表現方法だなと感心させられました。ただし、分かりづらいかなと。

≪ノア・バームバック監督関連記事≫
イカとクジラ_家族から引導を渡された中年男の地獄篇【7点/10点満点中】
マーゴット・ウェディング_クセが強すぎる愛憎劇【6点/10点満点中】
フランシス・ハ_甘くてビターな傑作青春映画【8点/10点満点中】
ヤング・アダルト・ニューヨーク_ほどほどの人生を受け入れる瞬間の切なさ【7点/10点満点中】
ミストレス・アメリカ_リア充の薄っぺらさ【6点/10点満点中】
マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)_意義深いが爆発力不足【6点/10点満点中】
マリッジ・ストーリー_離婚ドラマの新たな傑作【8点/10点満点中】
【見応えあり!】ノア・バームバック監督の紹介とオススメ作品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
人間ドラマ
スポンサーリンク
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント