スポンサーリンク
クライムサスペンス

ダーティー・コップ_友達のヤバイ一面を見てしまったら…【5点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2016年 アメリカ)一応クライム・サスペンスではあるのですが、緊張感あふれるタイトな作風ではなく、ユーモアを交えつつユルく進んでいると途中から段々怖くなっていくタイプの作風です。最後まで見ると非常に意義を感じられる作りにはなっているの...
人間ドラマ

アイ・ウォント・ユー(1998年)_テーマは良いけど面白くはない【5点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(1998年 イギリス)ベルリン国際映画祭で特別表彰を受けた美しい撮影や、オチを知る前後では全然違う話に見えるという凝った構成など、技術的には素晴らしい映画だと思います。ただし87分という短い上映時間すら退屈に感じるほど娯楽性が薄く、何か...
クライムサスペンス

トカレフ(2014年)_地元の名士が殺人マシーンだった【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

本編に仕込まれたある細工が魅力的で決して嫌いではないのですが、論理的な詰めが甘いので全面的な支持もできない微妙な映画。製作、監督、脚本のいずれかに優秀な人物が関与していれば引き締まった可能性もあったのに、いつものVシネクォリティで作られて...
クライムサスペンス

真実の囁き_白骨死体が紡ぐファミリーヒストリー【7点/10点満点中】(ネタバレあり 感想・解説)

(1996年 アメリカ)37年前に失踪した悪徳保安官の白骨死体発見に端を発した群像劇なのですが、歴史問題・人種問題という社会的な切り口をミニマルなドラマに落とし込み、そこに犯罪サスペンスをトッピングするという驚異的な構成の物語となっていま...
クライムサスペンス

ヴェンジェンス【6点/10点満点中】面白くはないが心には残るビジランテもの(ネタバレあり・感想・解説)

(2016年 アメリカ)まず断っておきますが、↓のジャケットのような、炎を背後にニコラス・ケイジが銃を構えるような景気の良い見せ場はありません。本作はビジランテものの中でも恐ろしく地味な部類に入ります。ディテールも甘く、決して良い出来の映...
クライムサスペンス

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2014年 アメリカ)一応はミステリーの建付けにはなっているのですが、先が気になるような流れができておらず、何を感じ取ればいいのか分からないままダラダラとドラマが進行していくような映画でした。社会的な切り口を匂わせつつも、結局ありがちな...
クライムサスペンス

ブルースチール_頭の悪い人しか出てこない【4点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(1990年 アメリカ)銃の持つ圧倒的なパワーに狂わされた男女2名を描いたスリラーであり、まぁ言いたいことは分からんでもないのですが、主題ありきで理屈を後からくっつけていったような映画なのでとにかく不自然な点が山盛り。主題に辿り着く前に見...
2020.05.11
終末

死の谷間_男2美女1の集団がうまく回るはずがない【4点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2015年 アメリカ)たった3人しか出演者のいないミニマムな文明崩壊ものであり、主演3人(マーゴット・ロビー、キウェルテ・イジョフォー、クリス・パイン)のおかげで何とか見られる状態にはなっているものの、全体としてはつまらない映画でした。...
サイコパス

その住人たちは_中年男の就活が切ない【6点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

(2020年 スペイン)よくあるマイホーム乗っ取りものの一種ではあるのですが、被害者目線で描かれることが圧倒的に多いこのジャンルにおいて、加害者目線ということが本作の新機軸です。その成果は序盤部分で遺憾なく発揮されており、仕事に失敗した中...
クライムサスペンス

ゲットバック 奪還_パッケージ詐欺に騙されないで!【3点/10点満点中】(ネタバレなし・感想・解説)

(2016年 ドイツ)90年代にハリウッドを席捲した監督ウォルフガング・ペーターゼンの実に10年ぶりの監督作であり、母国ドイツでは30年ぶりの仕事となるのですが、これが驚くほど面白くなく、10年も仕事をしていないとどんなにうまかった人でも...
2020.05.17
スポンサーリンク