ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第2話_見せ場はフェリクスの交渉術【7点/10点満点中】(ネタバレあり・感想・解説)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内部分裂寸前の部下達の様子と、新たな販路拡大に動くフェリクスの様子が映し出される第2話ですが、かつて群雄割拠状態だったプラサを統合したフェリクスの交渉術が久々に炸裂します。やはり彼は暴力の人ではなく交渉の人だった。そんなことを再認識させられた第2話でした。

©Netflix

登場人物・あらすじ

ウォルト・ブレスリン(DEA)

  • カマレナを拷問したベルディン司令官をとらえたが、相手は拷問のプロであるため拷問に耐える技術も持っており、なかなか口を割らせられない。

ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド(グアダラハラ)

  • 国境の川の密輸ルートを持つドン・フアンと接触する。
  • ドン・フアンはリスクの低いアヘン密輸で基盤を固めた人物であり、コカインへの参入には気乗りがしない。

イザベラ

  • フランシスコ・アルジャーノ・フェリクスの出所祝いのパーティでベンハミンに接触し、コロンビアで調達したコカインの輸送を持ちかける。
  • しかしフェリクスへの裏切りとなるこの取引にベンハミンは乗って来ず、イザベラは取るに足らない小物だと言われる。

アマド・カリージョ・フエンテス(フアレス)

  • フアレスで止まっている滑走路建設計画の再開に動いており、工事のキーパーソンであるパブロ・アコスタを探している。
  • パブロはミミというアメリカ人の恋人と共にテキサスで暮らしており、フアレスに戻るつもりはないと言われる。

ベンハミン・アルジャーノ・フェリクス(ティフアナ)

  • 妹のエネディナがカリフォルニアの売人と接触して独自の販路を作ろうとしているが、ベンハミンはカリ・カルテルやフェリックスからの報復を恐れている。
  • また、イザベラからコロンビアから調達したコカインの輸送を依頼されるが、フェリクスへの裏切りになるとして断る。
  • シナロア・カルテルに貸していたトラックが豚で汚されて返却されたことに怒る

ホアキン・グスマン “エル・チャポ”(シナロア)

  • フランシスコの出所祝いのパーティに顔を出し、因縁をつけてテキフアナvsシナロアの乱闘騒ぎとなる。

感想

追い込まれるDEA

DEAは全話ラストで拘束したベルディン司令官を拷問し、カマレナ殺害への関与者を聞き出そうとしているのですが、ベルディンはCIAからの教育を受けた拷問のエキスパートであり、拷問の実地経験はDEAの比ではなく、また拷問に耐える術も持っていました。

加えて公道で拉致して目撃者もいたためにメキシコの捜査当局の手が迫っており、昼間は移送するには危険すぎる、夜までその場にいると探し当てられるおそれありと、逆にウォルト達が追い込まれます。

ここで、物語は心理サスペンスとタイムリミットサスペンスの様相を呈してきます。この展開にはなかなかのスリルと気持ちの悪さがありました。

なお、第1話で注目した武闘派の現地調達エージェントはダニロという名前であることが判明。今回はセリフも増え、業を煮やしてベルディンの腹を撃ち抜くという気の短さも披露し、ますます目が離せなくなりました。

分裂の危機を迎えるカルテル

エネディナとイザベラがそれぞれベンハミンにカルテルの絡まない独自ルートの開拓を提案し、ベンハミンが断ることで何とか実現には至らなかったものの、カルテルを離れるという風潮は組織内で充満している様子です。

加えて、ベンハミンの組織はシナロア・カルテルからの挑発を受けており、緩やかに分裂の危機を迎えています。

フェリクスの抜群の交渉術

そうして部下達がざわついている中で、フェリクスはあらたな密輸ルートの開拓のためにドン・フアンの元を訪れています。

フアンは長年に渡ってアヘン密輸を行っており、アメリカ本土にも強い人脈を持っていて、フェリクスはその力を借りようとしているわけです。

しかし交渉はうまくいきません。フアンが問題視しているのは以下3点。

  • アメリカの低所得層が主な消費者であるアヘンは政治的な課題になりづらいのに対して、アメリカの富裕層を顧客とするコカインは政治的に標的にされやすい。
  • 裏切りを繰り返して来たフェリクス個人への不信感。
  • アメリカに多くの友人を持つドン・フアンにとって、カマレナを殺したフェリクスと組むことには大きな反発が予想される。

これに対しフェリクスは、メキシコ人が仲間割れをしているうちにコロンビア人にルートを乗っ取られると言い、メキシコ人同士の団結を促します。

加えて、米国内のコロンビア人80万人に対してメキシコ人は1500万人であり、アメリカ市場を獲るポテンシャルはメキシコの方が上であることで勝利の見込みをフアンに理解させ、難色を示していたフアンの取り込みに成功します。

前シーズン後半より追われる側に回って元気のなくなっていたフェリクスが久々に交渉術を披露したのですが、相手を納得させる彼の論理的な話術は見応え十分でした。

今シーズンにも登場、スカーフェイスネタ

前シーズンではフェリクスの弟ラファが『スカーフェイス』(1983年)にハマりまくってダイレクトに影響を受けていましたが、本シーズンでもスカーフェイスネタが登場しますよ。

ベンジャミンの出所祝いに呼ばれたアメリカの売人達がドラッグとアルコールであふれるパーティ会場で「自分のドラッグは吸わない」とミシェル・ファイファーの台詞を引用して盛り上がるのです。このジャンルにおいてスカーフェイスは聖典であることを再認識させられた一幕でした。

≪関連記事≫
ナルコス(シーズン1)_麻薬戦争は文字通り戦争だった!【8点/10点満点中】
ナルコス(シーズン2)_手負いの獣が暴れる恐怖【8点/10点満点中】
ナルコス(シーズン3)_エスコバルなしでも面白い!【8点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン1)_熱量が足らない【6点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第1話_窮地のフェリクス【7点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第2話_見せ場はフェリクスの交渉術【7点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第3話_見ごたえある単発エピソード回【7点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第4話_大逆転の連続なのに面白くない【5点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第5話_熱すぎる主導権争い!これぞナルコス!【8点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第6話_テーマは組織マネジメント【8点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第7話_パブロ・アコスタがシブすぎる【7点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第8話_大統領選はスリル満点【8点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第9話_フェリクスの成長【7点/10点満点中】
ナルコス:メキシコ編(シーズン2)第10話_メキシコの『ゴッドファーザーPARTⅡ』【9点/10点満点中】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事が役立ったらクリック
実録もの
スポンサーリンク
公認会計士の理屈っぽい映画レビュー

コメント